スノーボードのスキー場

おじさん向け平バーン拡充!スノーヴァ新横浜で滑ってきましたよ!

どうも、田中でございます!8月になりましたね。甲子園も開幕で、いよいよ夏本番!暑い中、皆様いかがお過ごしでしょうか?真夏の雪バカ日誌はネタ不足の中でも頑張ってあがいています。

今回はオフトレ施設のお話です!スノーヴァ新横浜に行ってきましたよ!昨年はオフトレ施設に20日ぐらい行きましたが、今年はそこまで行っていません。でも、新しい場所にも行ってみたいという事で新規開拓をしてみたのでした。

スノーヴァ新横浜について

〒230-0072 神奈川県横浜市鶴見区梶山1丁目2-43

神奈川県立三ッ池公園の近くにある室内スキー場です。最寄駅は東急東横大倉山、新幹線の新横浜の他、JR鶴見駅がありまして、それら3駅からバスに乗って「陸橋下」というバス停で降りて目の前にあります。近所には雪バカがプッシュする川崎のB級グルメ、ニュータンタンメン本舗もありますよ!

スノーヴァ新横浜は滑走距離60mの室内ゲレンデです。こんなクソ暑い真夏でもスノーボードが楽しめる素敵な施設です。施設下にある駐車場に車を停めて階段を上がるとスノーヴァの受付があり、受付裏にはゲレンデが広がっています。受付からさらに階段を上がると、更衣室、休憩スペース、トイレがあります。

受付の近くにはワックス台(1台分)がありメンテナンスもできちゃいます。ワックスアイロンはみあたらなかったので持参がよろしいかと思います。

スノーヴァ新横浜はスケジュールがあり、ジブアイテムが並ぶジブデーアイテムが少なくバーンを広く使える平バーンデーがあったりします。その他、イベント貸し切りデーなどもあるので、行く場合はスケジュールをチェックしましょう。

大きな平バーンがあります。

こちらが平バーンデーのゲレンデ。右端には動く歩道、左端にはハイクアップ用に足場があります。スノーヴァ新横浜は常時ハイクアップもOK。

昨年より改築工事が行われレイアウトが変わったそうです。ハーフパイプは廃止になり、その場所にキッカーが配置され平バーンが大きくワイドになりました。日にちによってはそこにジブアイテムが登場する仕組みになっているようです。

上の写真の左側の広いエリアがスノーヴァ新横浜の特徴ですね。同じく神奈川県にあるスノーヴァ溝ノ口よりも平バーンデーではワイドに滑ることができます。さらに、キッカーのスタート台が平バーンへもアクセスできるように変わりまして、スピードをつけて平バーンを滑ることができるようになりました。(空いているとき限定らしいです。)

滑走距離は60m。夏場に滑れる貴重な屋内施設と言えども長くありません。そして、雪質もカチカチアイスバーン。かなりシビアなのです。でもでも、ここでターンの練習をすればかなり上達しそうですよ。平バーンデー限定の話にはなりますが、ワイドになった平バーンとスピードをつけられるスタート台の存在があるので、溝ノ口と比べるとターンの練習向きと言えますね。

スノーボードおじさんのねらい目は、平日の平バーンデー。

実は雪バカ田中、スノーヴァ新横浜にお邪魔しことがなかったのですが、雪バカ日誌によくコメントを下さる都内在住40代男(昨年までは30代)さんが「スノーヴァ新横浜の平バーンデーの平日の日中は人が少なくてかなりマッタリ遊べる」という情報を教えてくださいました。

真夏の平日にスノーヴァに行くなんてバカげていますが、そこは雪バカを名乗る田中。行くっきゃないでしょー!ってことなのでせっかくなので都内在住40代さんが遊びに行く日を教えていただき、仕事に余裕がある日に時間を作って新横浜でお会いしてきましたよ。

実際にお邪魔した新横浜の平日平バーンデーの日中は確かにかなりの穴場状態。我々以外は高齢スキーヤーさんが4人程度。かなり空いていて平バーンも独占状態でした。これは楽しーい!カチカチバーンに苦戦しながらも2時間楽しく遊ぶことができました。

平日2時間で滑走料金は¥3,000(初回は入会金¥1,000かかります)ここからJAFカードを持っていくと¥500引きになるので、コスパもかなり良いと思います。田中のように有休が取りにくく週末休みの仕事の人は難しいですけれど行けば楽しいですよ。

実際、田中もあのカチカチキッカーではそんなにトライできないし、ジビングも超ヘタクソです。そんなへっぽこスノーボーダーがオフに遊びに行くには平バーンデーの平日日中の新横浜はちょうどいいユルさといえます。

ジブデーの日はまた雰囲気もガラリと変わるという事ですので、自身のスキルに合わせて行ってみるといいかもしれません。

そんなスノーヴァ新横浜に行ったお話をしてみました。

新横浜のゲレンデから出口の上には懐かしいパナソニックのガラケーの広告が健在。80年代生まれの田中にとってはドンピシャ。あー、この人たち誰だっけー。なつかしいなー、手打ちで作った和音の着メロ、20文字カタカナのPメール。井上真央が「ざけんなよ!」と叫んでいた、あの夏。

そんなノスタルジックな気分に浸った35歳の夏の一コマでした。それでは皆様、引き続き良いオフをお過ごしくださいませー。

関連エントリ:

NO,357

関連記事

  1. スノーボードのスキー場

    バランス派の好ゲレンデ!白馬さのさかスキー場に行ってきました!

    どうも!おはようございます!田中です。4月になり会社の人事異動が気にな…

  2. スノーボードのスキー場

    雪バカが重い腰を上げてようやくスノーヴァ溝ノ口に行ってみたお話

    どうも田中でございます。先日、雪バカ日誌を読んでくださっているという方…

  3. スノーボードのスキー場

    谷川岳天神平スキー場は行く価値アリの良心的スキー場

    こんにちは。田中です。田中はスノーボードを初めて15年がたちました。…

  4. スノーボードのスキー場

    北海道・大雪山でスノーボーディング!旭岳スキーコースで滑ってきたよ!

    どうも!田中でございます。すっかりパウダーシーズンも終わってしまいまし…

  5. スノーボードのスキー場

    長野県飯山市戸狩温泉スキー場で滑ってきたよ!

    どうもー!田中でございます。クリスマスイブですねー!田中は銀座や表参道…

  6. スノーボードのスキー場

    今シーズンの〆は飛行機で山形へ。月山スキー場に行ってきました!

    どうも、雪バカ田中です。2018年も5回目の給料日。2018年もあっと…

コメント

    • 都内在住40代男
    • 2018年 8月 07日

    先日はお疲れさまでした!新横浜は照明LED化とか、平バーン拡張とか、わりとこまめに改善に取り組んでいるので頑張ってほしいです!
    スノーヴァの平バーンやキッカーは、あり得ないような固さですよね。仮に、シーズン中、スキー場の斜面がスノーヴァ級のアイスバーンだったら、大半のスノーボーダーは滑らず温泉にでも入って帰るのではないかと。
    私は、スノーボードの練習というよりは、「スノーヴァボード」という新しいアトラクションを楽しむくらいの気持ちで滑っております!そうでないと、心が折れます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP