ギア・ウェア

HESTRA OMNI Rib mitt 買ってみたよー!

どもども雪バカ田中です。オフシーズンでございまーす!皆様いかがお過ごしでしょうか?毎年言っていますが、シーズン後はお金がない!遊びに行くお金もなくて家でビール飲んでふてくされています。お金ほっしー。

そんなオフの雪バカ日誌。今回はグローブについて。ヘストラというブランドのグローブを買ったお話をしたいと思います。今シーズンは北海道に行ってスノーボードをすることが多く、寒い気温下でパウダーランをすることが多かったのですが、それまで使っていたグローブが穴が開いてきて少し心ぼそかったので、思い切ってシーズン中にグローブを買い替えたのでした。

自分が選んだのはヘストラのオムニリブミットっていうグローブ。値段も¥15,000前後で買える革グローブです、トップシーズン使うのには良くってアタリアイテムでしたよー!

HESTRA(ヘストラ)について

HESTRA(ヘストラ)はスウェーデンの 皮の素材のグローブメーカーです。もともとはスキーグローブですが作業用のグローブや、冬の作業用グローブも販売しています。

ヘストラの代名詞といえば、革製グローブであるというところ!(皮じゃないやつもあるけど)耐久性があり、使っていくうちに皮独特の風合いが出てきて愛着がわくというものです。革グローブだけに、オイルを塗るというメンテナンスが必要なのですが、これがまた楽しい作業と言いますか、男心をくすぐりますね。縫いがしっかりしていて、手先が濡れにくく、内部構造もかなりしっかり作りこまれています。とにかく指先まで暖かいというのが支持されている理由の一つ。

ヘストラで一番人気なのは、今回購入したものとは違う3-FINGERというタイプで、ミトンタイプから人差し指が独立したタイプです。形もかっちょ良くて、レザーの風合いと独特の色使いがオシャレ。めちゃくちゃ人気があります。高いやつになると、中に一枚ゴアテックスが入るのもあったりします。

以前は山岳スキー店みたいな割とガチ目のショップでの取り扱いがメインでしたが、現在は量販店での扱いも増えてきています。そのおかげで、コアな人は「もうヘストラも…。」なんて思いもあるそうですが、こちらはブームの後追いでもぜんぜん楽しめる男、雪バカ田中です。

買ったのは「omni rib mitt(オムニ リブ ミット)」!

高級でちょっと大人な雰囲気を醸し出すヘストラのグローブ。いくつものモデルがラインナップされているのですが、田中はミトンタイプでなおかつ裾部分がリブ仕様になっているオムニリブミットを選びました。ちなみに、スノーボード向けのラインナップの中で一番安いです。定価は¥15,000(税抜)

これを選んだ理由は、人気の3フィンガーのレザーは人とかぶることが多いから。そして、ミトンタイプのこのシンプルな皮のデザインがどんなウェアとも相性が良いかなと思ったからです。ちなみに、田中は中指から手首までが約20cm。成人男性の中でも手が大きい方です。9サイズを選びました。これでジャストサイズでした。

インナーは別売り。これを使うならばインナーは絶対あったほうがいいです!というのも、しっかりした革製で、縫いもよく裏地も起毛になっているので暖かいんですが、その逆に手に汗もかく場面もあるかと思います。というわけで、オイニー対策の意味でもインナーは絶対必要です。

暖かくて、使い勝手がいいすー!

で、使った感想。やはりあたたかい。北海道の厳冬期など、-10度を下回る環境下でもすごく快適でした。自分の買ったオムニリブミットは、手首に通すカフもセットされていたのですが、これが意外と便利。あと袖口のところがリブなので、ウェアの袖部分を絞る時に地味使い勝手がいいです。長く使うとリブの部分が伸びてしまいそうな気配がありますが、まぁそれはそれでいいかな。

トップシーズンにガシガシ使っていましたが、問題点はなく非常に快適でした。めちゃくちゃ寒いところで滑ると、指先がかじかんでリフトに乗っていてツラい思いするときとかもあるのですが、このグローブはいける!今シーズンは北海道でナイターなんかも滑ったのですが、その時もすこぶる好調でしt。

メンテナンスはぬるま湯の石鹸水で洗い、その後にオイルを塗るということです。以外にも水濡れOKなんですね。そして、このメンテナンスが地味に楽しかったりして愛着がわきます。グローブをはめてからオイルを手に取り、グローブ全体にオイルをなじませていくのですが、この作業が楽しかったりします。

春雪には厳しいね。

ヘストラを使った感想ですが、水分の多い春雪が弱点。水分の多いザブザブ雪で滑っていると、グローブが濡れてきてしまうのはしょうがないことですが、ヘストラの場合は皮で肉厚な分、濡れて水を吸うと非常に重くなってしまいます。濡れないようにオイルメンテは必要だとしても、一度濡れてしまうとスゲー重くなる。そして乾きにくい。春ボードではけっこう厳しいなーという印象です。シーズンイン期や春シーズンは難しいかなと思いますが、その分厳冬期には心強い存在です。

オールシーズン行けますみたいな存在ではないですが、真冬のスポット起用ではめちゃくちゃいい。革製で長期間使い込めるという点もありますし、色使いや形も、定番的なので、長ーく使えるかなと思います。しばらくはトップシーズンはこれと旅立つことになると思います。

というわけで、今回は今シーズンに買ったグローブのお話をしてみました。オフシーズンは次の冬に使うギア探しも楽しいですよねー。あーお金欲しい。もっといろいろギアとか買いたいぜ!マニマニマニー!以上、金ナシ田中がお送りいたしました。これにて5月も終了!

関連エントリ:

NO,

関連記事

  1. ギア・ウェア

    ぐへへ。新しい板をかっちゃいました。2018夏。

    どうも、田中でございます。フリーランのカタログ号が発売になりましたね!…

  2. ギア・ウェア

    BERNのヘルメット、MACONオールシーズンを買ってみた!

    どうもどうも!田中でございます。しかし、貧乏賃貸マンション住まいの田中…

  3. ギア・ウェア

    UNION CONTACTPRO 使ってみたよ!

    どうもおはようございます。おぉー!冷えましたね!これでイイ感じですかね…

  4. ギア・ウェア

    GARMIN社のGPS。etrex10英語版を買ってみたよー!

    こんにちは。田中です。ついにイエティがオープンです!みなさまー!あけま…

  5. ギア・ウェア

    スノーボードウェアのクリーニングは自宅できる!NIKWAXを使ってみたよ。

    こんにちは、雪バカ田中です。秋はシーズンインが楽しみであるとともに、大…

  6. ギア・ウェア

    スノーボード用グローブ「salmon arms」を買ってみた!

    どうも、田中でございます。真夏のスノーボーダー様は皆様いかがお過ごしで…

コメント

    • 都内在住40男
    • 2019年 6月 01日

    自分のグローブは数年前に買ったバートンの5本指のものですが、ハイシーズンは指先が固まってゴワゴワして冷たいです!
    ヘストラ欲しいですが高いですね~。
    私は来シーズンに向けてゴーグルを新調したいのですが何を買おうか悩んでます。

    ちなみに、シーズン序盤の狭山とか、春雪の時期は1000円の工事現場作業グローブ着用で滑っております!

      • yukibakatanaka
      • 2019年 6月 03日

      >都内在住40男様
      コメントありがとうございます!ヘストラ!高いすよねー。けど、自分は3年は使うぞ!との決意のものに清水の舞台からドロップのつもりで買いました。
      この時期は、買い物検討する時期ですよねー。自分もあれこれほしいもものが出てきております。

      自分は、狭山ではインナーグローブ使ってます。風がない環境ならば濡れても割と平気っていうのを最近わかりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP