お値段安めの個性派バッグ!BURTON Beeracuda Gearhaus結構使えるよ!

お買い物

どうも、雪バカ田中です。10月も深まってきまして、ボード関連の話題も増えてきてソワソワしてきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。今回の雪バカ日誌は久しぶりにお買い物のお話です。今年の春夏にバートンから出た「ビアラクーダ ギアハウス」というバックを買ってみて、コレ意外と使えるじゃん!なんて思ったのでご紹介します。

バートンとしては春夏モデルとして「シャレたアウトドアとかに使えまっせ!」って発売したバッグなんですが個性的な存在でボード旅行にも使えたりします。旅行バッグとして万人受けするオールマイティな存在じゃないんですが、旅行のスタイルによってはなかなか使えるバッグですよー!

個性派バッグ、ビアラクーダギアハウス!

まずは、「ビアラクーダ ギアハウス」のスペックのご紹介。お値段は定価¥6,600(税別)。容量は42L。大きなきんちゃくのような形状をしていて、一部メッシュ素材になっています。収納としては上下に分かれた2段仕様。上部がメッシュになっていていて巾着のようにひもで縛る形なんですがサイドのファスナーを開けて側面から荷物の出し入れができます。下部は独立していて、クッション素材のクーラーボックス仕様になってます。また、水分や汚れをはじくような加工がされています。

春夏のバートンのプロモーションでは、ここにビールを入れておけば冷たいまま楽しめますなんてやっていたのですが、汚れついても拭き取れば落ちる加工になっていることを利用して、履いてきた靴を入れておくのにもいけます。

また、リュックのように背負えるベルトがついていますので、持ち運び時には両手があくのも使い勝手がいいです。リュックとして考えた場合、背面やベルト部分にクッションがついていないので長時間の移動には正直言って向いていません。

ギリギリだけど板以外の日帰りボード旅荷物が全部入るよ!

上部のメッシュの巾着部分にブーツ、ウェア上下、ゴーグルを入れて、下部にインナー・小物・洗面道具のポーチを入れるという風に使えば、スキー場で必要な荷物の板以外がすべて収納できます。バックパックのように背負って、ボードにソールカバーをつけたものを持ち運ぶというスタイルで行けば、さくっとしたボードトリップに使えます。

上の部分はメッシュ部分になっていて通気性がよく、裏地も加工がされているので、濡れたものを入れてもある程度は気にならないというのは気楽でいいですね。滑ったあとの濡れたブーツとかウェアをそのまま入れてもいいというのは、スノーボード旅行としてはかなり使い勝手がよいです。

車に乗って日帰りボードに行くとき、オフトレ施設に行くときなど、サクッと滑りに行くような旅ではメチャクチャ活躍すると思います。これからのシーズンイン期で狭山やイエティ・軽プリなんかでまずは足慣らしなんていうときにもかなりいいと思います。

万能じゃないけれど、そこがツボ!

このバッグは、オールマイティな旅行バッグではありません。公共交通を乗り継いでスキー場に行く人や、最初のボード旅行バックでコレを選ぶというのにはあまりオススメできませんね。逆に、ある程度スノーボード旅行に慣れてる人が、必要な荷物を最小限にして持ち運ぶという意味ではコイツはとても優秀。そしてコスパがとても高いです。

週末に家とスキー場の往復を繰り返すシーズンの中で、滑りに行って濡れたものを家で干して乾燥させたら、またここに入れておいて玄関に置いとけば、次回のボード旅の準備がとりあえず完成するという気楽さがいいですね。

オフでも使い勝手がいいのもツボ!

で、このバッグはもともと春夏のモデルなだけあって、オフシーズンにも使い勝手がいいのがイイトコロです。オフトレ施設行くにもちょうどいいのはもちろん、バートンさんの言う通りキャンプにはもちろん使えます。下部の収納エリアには、濡れたサンダルなんかをいれてもいいので、すごく使い勝手がいいです。(この記事を公開した後、twitterでSUP行くときにも使えそうなんて感想をいただきました。)

あとは、登山。登山バッグとして登山の実際には使えませんが、下部の収納は登山靴も収納するのに具合がよくて、登山靴+着替え、洗面用具なんかを入れるのにちょうどいいです、車で行く登山旅の旅行バッグとしては申し分ないです。

オフトレ・アウトドアなんかしないです!という方にも収納ケースとしても使い方があるのも見逃せません。ウェア・ブーツ・小物が1セットならばすっぽり収まるので、これに入れておいて夏場は押し入れにポイッと置いとくってものもアリです。メッシュ地だから無難・安心。

もし、これからボード用品を買いにショップに行くことがあるならば、おそらくアクセサリーコーナーにこいつがあると思います。ぜひ、お手にとってみてくださいませ。雪バカ田中の言ってたやつこれかーなんて、ボード旅行目線でこのバッグを見ると、たんなるバートンのおしゃれキンチャクではなく、意外とアリなアイテムだと思えるはずですよ!値段もそんなにしないので、旅のスタイルによってはアタリアイテムになると思います。

というわけで、今回は雪バカ日誌の最近では珍しいお買い物のお話でした。それでは皆様、素敵なシーズン準備期をお過ごしくださいませー!雪バカ田中でした。

バートンから出ている大型の巾着バック。ギリ日帰り荷物が入ります。もともとが夏場向け商品なの登山やアウトドアにも使い勝手がいいです!希望小売価格¥7260(10%税込)

更新履歴:
2020/10/16 誤字を修正しました。
2021/3/10 文章を修正し、リンクを修正しました。

NO,

雪バカ田中

雪バカ田中

何者でもないフツーのサラリーマンです。2010年頃よりスノーボードにドハマりしてから、冬期は毎週雪山に通う週末を過ごしています。 1982年、東京生まれ。好きな食べ物は担々麺。

類似記事

コメント

    • oz
    • 2020.10.16

    これは「ランドリーバッグ」とか呼ばれてたやつのburton版ですかね。懐かしいというか、今でも家の洗濯物入れです。昔、車泊が今より盛んだった頃、車にこれとスーパーのカゴ、カセットコンロ、布団なんか積んでました。(笑)現在のはオシャレに仕上がってますねー。
    それにしてもかなりマニアなアイテムではないですか?

      • yukibakatanaka
      • 2020.10.19

      >oz様
      コメントありがとうございます!スーパーカゴは、熟練者の証ですね!昔あこがれてたわー。用途としてはスーパーカゴに近いですかね。
      このバッグはマニアックですかね。自分はショップに行って見つけて、衝動買いしたら使えたというアイテムです。
      こういう、万人受けしないようなアイテムって自分的には妙に刺さるんですよねー。コメント頂けてうれしいです。ブログにしてよかった。

雪バカ田中

雪バカ田中

何者にもなれなかったスノーボード大好きサラリーマンです。数年前よりスノーボードにドハマりしてから、冬期は毎週雪山に通う週末を過ごしています。 1982年生まれ東京在住。

TOP