フィックスポイント式のベースキャリアを自分でつけてみました!

移動・交通手段

ども!田中です。スノーボードシーズンもそこに来ている感じがしますね!

実は田中。2016年の夏の終わりに車を買いました。スバルのフォレスター(SJ-5)です。今回はキャリアのベースを付けたよというお話です。以前の車にはスノーボードキャリアをつけていたのですが、それも新調しなくてはならなくなりました。今回のフォレスターの上にスノーボードをのっけるためにのパーツとして、ベースキャリアを購入して実際に設置してみましたのでそんなお話です。

image

買ったベースキャリアはスバル純正のやつです。

ベースキャリアはスバルのディーラーから買いました。他のメーカーのベースキャリアより値段が安かったのと、純正らしく取り付けイメージが一番カッコいいなと思ったからです。自分の車に取り付けられるスーリーのフィックスポイント式は¥48,000だったのに対し、メーカー純正品の本体価格は¥28,000でした。

田中はディーラーのフェアでここから割引価格で購入しました。ディーラーに取り付けてもらうと工賃¥3,000という事でしたが、自分でつけることにしました。ベースがメーカー品ではないので、上に乗っけるものとの互換性が心配ですが、価格と見た目の良さでこいつに決定です。

今回使うのはフィックスポイント式

今回、田中はフィックスポイント式と言う固定方法のベースキャリアを使ってみました。フィックスポイントとは、一部の国産の車や外車に多く採用されている方式でクルマの屋根部分にキャリア取付用のネジ穴が用意されていて、そのネジ穴を利用して取り付ける方式です。

普通のベースキャリアですと、車体の屋根のわきからフックで挟んで固定するのですが、それがないために設置の見た目がややスマートになります。それから、ベースやキャリアをつけるときは位置決めという作業があります。ドアのフレームの端から15cm手前にフロント部分をつけて、逆端から10cmにリア部分をつけるなんてめんどくさい作業があるのですが、フィックスポイント式はそれがないので設置は簡単になります。

スバル純正ベースキャリア

さて、実際に取り付けてみようじゃないか。

工具は意外にも必要ありませんでした。必要だったのはマイナスドライバー、ハサミとメジャーでした。あれば便利なのは台座とか脚立です。あとは、保護シールを貼るので雑巾で屋根をふいてきれいにしてあげる必要があります。パーツを車の屋根にぶつけてキズを入れてしまう危険性があるので不安な方は屋根に毛布などを敷いて作業をしたり、二人で作業をするといいと思います。作業自体は、落ち着いた環境があれば大人一人でもできなくはないです。今回購入したスバルの純正のベースキャリアはきちんと日本語の説明書が入っていましたので、それに沿って作業しました。

取り付けるまでの仕込みをするよ!ここまで15分。

まずクルマの屋根のフィックスポイント用のふたを開けます。車側の屋根にありますので、マイナスドライバーなどを使って4か所のふたを空けます。フタはプラスチックでできていまして、万が一壊してしまうとエライことになってしまうので慎重にやります。ふたを開けたら保護シールの貼り付けを行います。今回は保護シールも同梱されていましたのでそれを使いました。保護シールの貼り付けはスマホの保護シール貼り付けとよく似ています。貼り付けたら気泡を抜きます。一連の作業の中でこのシールの貼り付けが一番の山場でございます

フィックスポイント

そこまでやったら、次はキャリア側の仕込みです。ルーフボックスやその他キャリアを使えるためのスロット穴を
埋めるゴムと、風切り音防止ゴムを貼り付けます。風切り温防止ゴムは貼り付ける位置をメジャーで計測して、貼ってくださいと説明書に書いてありましたので、まぁざっくり計測して貼り付けました。

image

準備ができたら実際に取り付けです。所要時間は開封から30分でした。

クルマ側、ベースキャリア側の仕込みができたら実際にベースキャリアを設置します。2本のキャリアベースのフロント・リアに注意して、車の屋根を傷つけないように慎重にキャリアベースを渡します。その後、付属のネジを使って4箇所を固定して、カバーを被せてあげれば完成です!1つづつの作業自体は簡単なので、落ち着いて作業できる環境と脚立さえあれば、女性でもできる作業でした。フィックスポイント式のベースは、面倒な位置決めの作業がないのでありがたいです。

image

完成!あっという間30分でできましたよー!

あとはここにボックスを乗っけるなり、スノーボードキャリアと言われるクリップ式のスノーボドキャリアを載せるなりすれば、社内が広々と使えます!ビスの取り付け具合が甘かったりすると大事故になるので、時々ベースキャリアを持って揺らしてみてしっかりと車体と固定されている事を確認しています。

今回はキャリアベースだけの設置なのですので、あとは実際に上に載せるものですね。しかし、現在はいろいろ迷っています。予算や車高の関係でボックスは難しいかなぁとも思っているので、しばらくはこのままにしておく予定です。

というわけで、いかにも中途半端な感じでこれだけでは何ができるわけではないのですが、ベースキャリアの設置を自分でやってみたよというお話でした。実際に、キャリアの取り付けはお店でお願いするとお金を取られてしまうので、広めの駐車場が用意できる方は自分でやってみると節約になりますよ。

というわけで、またひとつ冬支度を整えた田中でございました!

関連エントリ:

更新履歴:
2017/8/3 文章を修正し、関連エントリを挿入いたしました。
2017/9/19 画像を変更しました。

NO,228

雪バカ田中

雪バカ田中

何者でもないフツーのサラリーマンです。2010年頃よりスノーボードにドハマりしてから、冬期は毎週雪山に通う週末を過ごしています。 1982年、東京生まれ。好きな食べ物は担々麺。

類似記事

コメント

  1. はじめまして。

    いつも楽しく拝見しております。

    SJ-5購入されたのですね。
    私もSJ-5です。おまけにベースキャリアも同じですね。
    私はディーラーで取り付けてもらいました。

    このベースキャリアはなかなか良くできてますよね。
    車高も押えられるし、THULEのTトラックも使えます。

    そろそろ雪支度始めようと思いっています。
    これからも楽しいブログ、楽しみにしています。

      • 田中
      • 2016.11.14

      ゆきぼう様
      コメントありがとうございます!まさかのSJ-5仲間!そして、純正ベースなんて!
      そして、ブログ拝見しました。素敵ですね!ゆきぼうさんはイノーのボックス良さそうですね!でも、フォレスターにボックスの組み合わせは車高がだいぶ高くなるので今でも悩んでおります。

      また、ブログ拝見させいただきます!ブログやっている方のコメントはなんだか嬉しさ倍増です

      • 田中さん

        私も、ドンピシャな組み合わせにびっくりして、かつ、勝手に親近感覚えておりますw。
        ルーフボックスは便利なのと、安心なので、私の場合は必須装備でした。
        車高は2.2m以下にしたかったので、この組み合わせになりました。
        また、コストパフォマンス、サイズともに今のところ満足しています。

        でも、スーパーでショッピングセンターの駐車場は2.1m規制が多くて、入れないこともままあります。
        なので、山に行かないときは面倒だけど下ろしています。(家人も使うもので)
        装着は簡単なのですが、ボックスの重さが堪えてきて、最近は一人で積み下ろしがしんどくなってきましたね。

        ブログも見ていただいたようで恐縮です。
        更新頻度が落ちていますが、記録という意味でもマイペースで続けていこうと思っています。

        これもご縁なので、SJ-5で雪山オフでもできたらいいですね。
        昨シーズンは湯の丸をホームゲレンデにしていました。
        今シーズンは、ヤマボクに一度は行ってみたいと思っています。

          • yukibakatanaka
          • 2016.11.14

          実は、私も同じ悩みです!ボックスつけるとショッピングセンターにいれづらくなるんですよねー!

          ブログ拝見しました!冬の入笠山のお話とか参考にさせていただきました。

          ゆきぼうさんの色でイノーのボックスをつけているフォレスターを見つけたらジロジロ見てしまいそうです

雪バカ田中

雪バカ田中

何者にもなれなかったスノーボード大好きサラリーマンです。数年前よりスノーボードにドハマりしてから、冬期は毎週雪山に通う週末を過ごしています。 1982年生まれ東京在住。

TOP