旅日記

前武尊の奥へ!オグナホタカスキー場から武尊山登ってきました!

どうも雪バカ田中です。夏休みもあと2日で終わりです。皆さんは遊びに行きました?田中は、特に大きな旅行にも行かず、いつもの週末のように過ごしましたが、それはそれで楽しかったです。さて、今回の雪バカ日誌は登山のお話です。

オフのスキー場遊びということで、群馬県のオグナホタカスキー場から武尊山へ山のぼりに行ってきましたよ!

オグナホタカスキー場から100名山、武尊山へ!

オグナホタカスキー場のかかる前武尊というお山はバックカントリー(BC)の名スポットということで人気があります。田中も2回ほどBCツアーでお邪魔したことがあります。その後の2017年の6月のオフには、ガイドさんに連れてきてもらった前武尊に上ってみようということで前武尊へ登山しました。

そして、その時に前武尊の奥に進めば武尊山(ほたかさん)という100名山があると知りまして、今回は奥の武尊山を目指す登山を行うことにしましたよ!武尊山は川場スキー場や水上宝台樹からも入山することができますが、2017年の自分より成長を感じるために、同じくオグナからの入山としましたです。ちなみに標高は2,158m。

今回の登山は前武尊~剣が峰~家の串~中の岳~武尊山と、5つのお山を縦走する山行です。縦走(じゅうそう)とは、一度山頂に言ったらそのまま山脈をたどって別の山頂へとホッピングすること。なんかかっこいいっすよね。響きが。上の写真の奥にある高い山が武尊山。そこまで山頂をつなぐように稜線を進んでゆきます。

ちなみに2017年の時は途中の家の串まで来て、水切れ・エネルギー切れで引き返すことになりました。

オグナホタカスキー場から4時間チョイで武尊山へ!

まずはオグナホタカスキー場を出発。オグナホタカスキー場のコースを歩きます。駐車場から一番上の第6リフト降り場の近くまで歩くですが、リフトの偉大さを知りましたねー。冬ならばリフトを乗り継いで30分もあれば来れるのに、歩くと約2時間。そしてスキー場最上部からさらに登り最初の山頂の前武尊へは30分。

そして前武尊では前武尊バックカントリーでおなじみのヤマトタケル像とも再会。たぶんこのお方が雪バカ日誌の最多登場人物ですね。冬の時は、膝~腰ぐらいまで雪で隠れてるんですけれど、夏はこんなに背が高い。

前武尊までくればあとは稜線歩き。道中は3mぐらいの鎖場があったり、ほっそい幅の岩場があったり、水場があったりと登山らしい登山が90分ほど続きゴールの武尊山へ到着でした。

なんと、武尊山の山頂付近にもヤマトタケル像が!突き抜ける青空とがった岩、そしてヤマトタケル像。これがメチャクチャカッコよかったです。ラスボス感というか、ラスボス前のセーブポイント感というか、終盤に突如味方になる強キャラ感というか。とにかく神々しい。いや、神様の像だから当たり前か。

なんならこの写真を残暑見舞いの絵ハガきにしたいぐらい。

道中はそんなに人とすれ違わなかったんだけれど山頂にはそれなりの人がいましたね。山頂からは川場スキー場がガッツリ見えました。

そして、武尊山の頂上では毎度おなじみのカップヌードルをメイク。やっぱり超うまいよね!最近、日清がチキンラーメンのCMで「最高にうまい食べ方は、外だ!」って言ってますが、そうなんだよ。外なんだよ。やっと気づいたな!たぶん日清は雪バカ日誌の読者だと思います。

そんなくだらないことは置いておいて、今度チキンラーメン試してみようかなー。

真夏のお山で8時間行動。さすがに心がモゲました。

で、ここまでサラーリと山頂まで「4時間ちょっとでしたー」とか書いていますが、正直しんどかったんですよ!!真夏の登山。行程はすべてで時間8時間15分でした。朝7:45に登山開始で帰着は16:00。マジで心がもげました。どの段階で心がモゲていたかというと、実は開始2時間30分の前武尊のあたりから。そこからもうすでに心がモゲてました。

オグナのコース上は日陰がなくて照り返しがすごいわ、終始虫がいっぱいいて休憩しても虫がブンブン寄ってきて気が休まらないわで、もう心ポッキリでした。つらくなってくると、無意味な言葉をずーと繰り返してしまうというのが田中の登山あるあるなんですが、今回は「伊丹十三」(縦走とじゅうぞうをかけてて超おもしろいつもり)と、ブツブツといいながら登っていました。

人がいなはずの登山道の脇でカサカサッって気配がして何度かマジで怖い思いもした(自分の中ではサルということにしている)し、ハチだかアブだかが顔に向かって飛んできてべチってなるしで、もう心身ともにポッキリいかれましたよ。今回、水は2リットル持っていき、途中にあった湧き水ポイントで400mlぐらい補充したのですが帰り道で全部なくなりました。

前回の登山、至仏山の記事では「7時間の壁」説という、自分みたいな初級者は7時間が限界だよなという勝手な説を作っていたわけですが、今回はそれをぶち抜いて自己最長の8時間10分。しかしながら、「見事7時間を超えて8時間できましたよ!やったぜ!」なんて喜ばしい感情はなく、「イロイロきちーわ!」ってのが今の本音です。

やっぱり7時間超えると水の量やもっていく荷物なんかも増えてくるわけで、そうするとバックパックとパッキングの技術も必要だし。なにより、はやく出発しなければならないっすよね。リスクを考えれば東京を3時に出て7時に登山開始!(それで14時帰着)なんてやらなきゃいけないわけで。単純に山を登る体力だけじゃなくて、周辺の準備なんかも必要になってきますよねー。

この壁は自分みたいに夏に年に数回レジャーで登山行くわーっていう人と、それなりに装備も持っていて月に1度は山いくよって人の差なんですかね。ボードに例えるとなんだろ。始めたばっかの人と、全部一式持ってていろいろ滑れるよって人の違って感じかな。

というわけで、今年の登山も3回目。そしてまたまたグンマの旅でした。あ、登山のあとはささの湯に行って汗ながして帰りました。そして、やっぱり今はグンマーが好き。

登山の話というよりは、登山に関する雑談が多くなっちゃいましたね。というのも、実は登山の話ってブログにするの難しいんですよね。どうしてもその日の時系列と装備の話になっちゃうので、どこ登ったとしてもワンパターンな展開になっちゃう。そうなるとスノーボーダーが読む登山の話としては、やや面白くないかなーなんて。まぁいっか。お金もらってるわけじゃないし。

以上、スノーボードブログの雪バカ日誌がお送りしました。

関連エントリ:

NO,482

関連記事

  1. 旅日記

    青森県八甲田山!雪バカ雪中行軍の旅に行ってきました!

    どうも。田中でございます。1月の中旬から始まってずっと見ているNHK大…

  2. 旅日記

    スノボと名湯、オレの最強ルーティン!群馬県嬬恋村 万座温泉スキー場へびゅうたび!

    どうも!雪バカ田中でございます。ハーフパイプ決勝、すごかったですね!個…

  3. 旅日記

    神楽が峰バックカントリーツアーに参加してきました!

    どうもどうも!田中でございます!いわゆる、厳冬期でございます。みなさん…

  4. 旅日記

    神楽が峰BCツアーの旅。「2018’オレの財布も厳冬期」

    どうも!田中でございます!草津がえらいことになってますねー!それでも安…

  5. 旅日記

    2016年も車中泊ヒトリストの旅に出てきた話の総集編!

    ガツーンと来ましたねぇ寒波が!田中は失態を犯しましてしまいました。先日…

  6. 旅日記

    富山にスノーボードトリップに行ってきました!楽しかったよ!

    どうも!田中でございます!バレンタインも過ぎ、シーズンも折り返しがやっ…

コメント

    • take
    • 2020年 8月 15日

    虫すごいですよね
    自分は昔お盆に牧場テン泊後登りました
    少し涼しくなってからのがいいのかも

      • yukibakatanaka
      • 2020年 8月 18日

      >take様
      コメントありがとうございます。虫すごいす。何カ所か虫に刺されてぷっくり腫れました。帰った後もつらかったです。
      牧場ルートもよさそうですね!

    • いずみ
    • 2020年 8月 15日

    登山お疲れさまです。
    自分もこのお盆休みに電車で行けて汗の流せる高尾山行ってきました。
    相模湖駅-小仏城山-高尾山-高尾山口駅のルートです。
    次はもう少し伸ばして陣馬山-景信山-小仏城山-高尾山にしようかと。

    筋力維持もありますが、少しでも体重落とせたらと思っているんですけど
    登山後は焼肉行きたくなって増量しちゃうんですよね。。。

      • yukibakatanaka
      • 2020年 8月 18日

      >いずみ様
      コメントありがとうございます。登山お疲れ様です。わかりますー!一応、アプリでカロリー出して、今回の消費カロリーは3,000でした!とか出ると、3,000キロカロリーまで食事してもいいんだ!なんて都合の良い解釈をしちゃいます。

      ちなみに、自分もこの武尊山のあとは焼肉行きました。

    • stky
    • 2020年 8月 20日

    天気も良さそうで、いい時に登りましたね。
    私も何年か前に武尊山に登りましたが、残雪で滑って藪に突っ込んだのがいい思い出です。
    私はおデブなのでコースタイムの1.5倍はかかりますし、頂上ついてもここから帰らなきゃいけないんだよなと思えば喜び以外の感情のが大きいのですが、なんでかまた登山を計画してしまうのが不思議なんですよね。

      • yukibakatanaka
      • 2020年 8月 20日

      >stky様
      コメントありがとうございます。
      山頂に到着してそう思うこと田中も同感です!山登りってつらいし、汗かくし、なのに痩せないし。けれど、また登りに行っちゃう不思議な感じありますよねー。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP