OAKLEY フロッグスキン ライトを買ってみたよ!

ギア・ウェア

どうも雪バカ田中です。「うっせぇわ」という曲が流行っています。この曲を聴いた田中の感想は「人気の板を試乗会で試したときとよく似ている」です。とにかくなんか言いたくなっちゃうんですよね。さて、20-21シーズンも後半戦がやってまいりました!といいつつ、シーズン後半戦はどうなるのでしょうかね。今回は雪バカ田中が最近買ったサングラスのお話です。

なんやかんやで、スノーボーダーってサングラスは絶対買いますよね。滑走中はもちろん運転中なんかに、持ってて損はないですよねー。今年は板もバインも新調したのですが、サングラスも新調してしまいました。

サングラスのド定番!フロッグスキン!

オークリーのフロッグスキンというサングラスがございます。スポーツアイウェアの大御所オークリーから1985年に発売され、その後2007年に再発売。再発売からは、少しずつ人気が定着して自分の記憶だと2012~13年頃にブレイク。そのあとはもはや定番になりましたよね。

ウェリントン型とよばれる誰にでも似合う形。飽きがこないデザイン。そして、オークリーらしいレンズの鮮やかさ、耐久性に富んだフレーム構造。もはや定番ともいえるこのサングラス。スノーボーダーならとりあえずフロッグスキン買っとけば間違いなし!田中も2本ほど持っていてかなり気に入っています。

自分は非モテな性分もあってかサングラスというのには抵抗感がある人間なのですが、それでも降雪のないスキー場ではサングラスがあると快適!とは思っていまして、日常では海外旅行に行った時しか使わないくせにサングラスに手を出しております。

最初は¥1,000ぐらいのオモチャっぽいサングラスを使っていて、その後DANGのオリジナルを使っていましたが、数年前よりフロッグスキンに落ち着いています。チープなものと比べてレンズにも気合が入っているのでかけたときの見え方がシャッキリしているんですよね。それに耐久性マシマシ。サングラスかけて滑ってて派手にクラッシュしてもフレームはそうそう壊れないです。(レンズの方は硬いものと正面がこすれると、あっさりと傷が入っちゃいますけど。)

フロッグスキンはオークリーのラインナップの中ではガチスポーツよりデイリーユース向けのモデルですが、だからこそスノーボードの雰囲気にもいい感じにフィットします。雪国の朝や夕方の運転は、車の向きによって、メチャクチャまぶしい時もあるのでサングラスはかかせなくて、フロッグスキンはスノーボードライフに使えるナイスサングラスだと思っています。

2018年にフロッグスキン liteが出たよー。

そろそろサングラス3本目が欲しいなぁなんて思っていて、いろいろ探したのですが今のところやっぱりフロッグスキン以上にいい感じのが見つからないんですよね。でも、同じモデルを3本持つのもなーなんて思っていたところ、2018年にliteがつくニューモデルが出ているのを知りました。

liteはフレームの下半分がないハーフリムモデル。自分は黒いツヤありフレームに、ミラー付き黒レンズの定番モデルを購入しました。ハーフリムなので見た目はややスッキリした印象ですが、全体的なシルエットはフロッグスキンとあまり変わらず。自分のツボにはまってくれるいいモデルでした。

定価は¥19,700(+税抜)。(ちなみに、ミラーがないのブラックは¥16,700)。ただ、世の中にはこれより安く出回っているかんじで、¥15,000もあれば選べる感じです。これはどんなゲレンデ以外でも、いろいろ使えそうなので気に入っています。

定番のフロッグスキンと比較するとLITEは鼻の部分が改良されていて、ゴム素材になっています。これのおかげでフィット感が上昇。頭を振ってもズレません。LITEのほうが軽いので付け心地はいいですね。

レンズサイズは、フロッグスキンとは違うのでキズが入ったりした場合には、LITE用のレンズを選ぶ必要があります。また、フロッグスキンはアジアンフィット・グローバルフィットに分かれていますが、LITEの方は2021年2月現在ではグローバルフィットのみです。けれどグローバルフィットでも全然問題なかったです。(フロッグスキンはアジアンフィットを使っているユーザーの感想)

フロッグスキンが好きだけど、もう1本欲しいなんて言う時にちょっと味が違うこのモデルはけっこうアリです。自分は満足のいくお買い物ができました。

これは首都圏ボーダー限定の話なんですが、群馬県片品村近辺のスキー場で滑った後の帰り道に通過する鎌田交差点が異常にまぶしいっていうあるあるがございます。今シーズンは鎌田交差点を通るたびにこのサングラスをドヤ顔でかけています。

フロッグスキンはブレイクしたのが2010年代前半なので、そろそろ潮時感もあったりなかったりしますけれど、自分のなかではこれ以上にスノーボードにハマるサングラスがまだ見つけられてないので、しばらくはフロッグスキーナーで行こうと思います。

今回のブログで紹介したサングラス。オークリーフロッグスキンライト 定価¥16700~(税別) 定番サングラスから一つハズしたいあなたに。フロッグスキンのハーフリムの計量モデル。レンズによって値段が変わります。おすすめはプリズムレンズ採用のモデル。

NO,513

雪バカ田中

雪バカ田中

何者でもないフツーのサラリーマンです。2010年頃よりスノーボードにドハマりしてから、冬期は毎週雪山に通う週末を過ごしています。 1982年、東京生まれ。好きな食べ物は担々麺。

類似記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

雪バカ田中

雪バカ田中

何者にもなれなかったスノーボード大好きサラリーマンです。数年前よりスノーボードにドハマりしてから、冬期は毎週雪山に通う週末を過ごしています。 1982年生まれ東京在住。

TOP