ここ行ってみたかったの!ニセコ アンヌプリスキー場行ってきました!

スノーボードのスキー場

どうも、雪バカ田中です。今回はニセコに行ったお話です。20-21シーズンの12月の下旬、ニセコアンヌプリスキー場に行ってきました。2020-21シーズンとしては、滑走5日目です。前日に小樽市のビジホに泊まり、夜明け前に車を走らせ90分でニセコに到着。ニセコアンヌプリスキー場で1日を過ごしてきました。

ニセコユナイテッドの一番奥にあるスキー場だよ!

北海道のニセコにあるスキー場です。アクセスは車だと千歳空港から130分、札幌市から130分、小樽市から90分。新千歳空港からのアクセス目線でのお話しをすると、ニセコへの有名な足としてはリゾートライナーという高速バスがあります。これを使うとなると、新千歳空港発の一番早いバスが9:45発→ニセコグランヒラフ12:25→ニセコアンヌプリ13:10というスケジュール。バスの乗車時間だけで3時間25分の道のりと、移動だけでガッツリ時間がかかります。ちなみにニセコの手前にあるルスツだと9:45空港発→11:40と約2時間で到着です。ですので、ルスツにプラスして1時間半という距離感になります。

千歳空港からも遠いこともあって、北海道外の人にとっては1泊の旅ではなかなか手が出しずらいスキー場といえるスキー場だと思います。ただ、ここアンヌプリはスノーボーダーにとっては魅力的なスキー場ですので2泊以上ニセコ滑るよなんて人は、他のニセコのスキー場滞在だとしても共通パスを使って1度は足を延ばしておくべきスキー場だと思います。

上の写真はスキー場のゴンドラステーションの写真ですが、なんか見たことありませんかね?結構いろんなスノーボードDVDに出てきますよね。ダウンチルとか車団地とか。かくいう、雪バカ田中も2020年のオフのステイホーム期間中に過去のスノーボードDVDを見まくっておりまして、舞台になっているスキー場に行ってみたいなと思ったのでした。「DVDに登場するこのスキー場に行きたーい!」と盛り上がりまして、こんな無茶なスケジュールを立ててまで滑りに来たのでした。このステーションを見たときはちょっとした感動ですよね。聖地巡礼だ!なんつって。

ニセコアンヌプリスキー場について。

ニセコユナイテッドと呼ばれる4つのスキー場群。(2021年現在)セコユナイテッドの地図上で1番左にあるスキー場です。旅行者からすれば、一番奥にあるイメージになります。その他のスキー場(ビレッジ、グランヒラフ、花園)とは頂上でつながっています。2020年の全山共通券は¥8,100という価格がついて話題になりました。アンヌプリ単体のレギュラーシーズン1日券は大人¥5,100。駐車場は無料。ゴージャスで華やかな花園やグランヒラフとは少しちがって、馴染みやすい雰囲気が漂っています。

アンヌプリだけ見ると、ゴンドラ1本、リフト4本。ゴンドラステーションとヌックアンヌプリというセンターハウスという2つの建物メインですので、あまり迷子にならないシンプルな構成。コースマップで見るよりも縦に長く大きくロングライドができます。アンヌプリだけでも充分に1日遊べるスキー場です。

その昔、「ヌプリリゾートへようこそ(通称ヌプリゾ)」というスキー場を題材にしたweb4コマ漫画がありまして、そちらのモチーフになったと思われるスキー場でもあります。ヌプリゾおもしろかったなー。

フラットでワイド!スノーボード向きです。

アンヌプリはワイド目で緩やかなバーンが多いので、スノーボードで滑っていて非常に楽しいです。ヒラフや花園はロングに滑走すると、どうしても途中で急な斜面を滑らなければいけないのですが、ここアンヌプリはコースを選べばずーっとボードの滑走に向いた暖~中斜面を滑り続けることができるので、ロングに1本ずーっとボードの楽しい滑走が続くというのが特徴。スノーボーダー的においしいコース・スポットがかなり転がっています。

スキー場中央に走っているゴンドラまわしでも複数のバリエーションのライン取りができるので、これだけでおなかいっぱい遊べます。ここアンヌプリもニセコルールがもちろん適用されます。ニセコでお馴染みの「ロープはくぐってはならない」の看板が立っております。正直、くぐらなくてもいいスポットがいっぱいありますよ!

グランヒラフや花園と比べて、我々日本人でも親近感が持てる雰囲気。ゲレ食のお値段もややマイルド。自分が食べたのはニュー三幸というレストランでした。牛肉カレーうどん¥1,300。「うん、ややニセコ価格!」と思いつつも、ヒラフ・花園よりはお財布にやさしいですね。牛肉と出汁が効いてるひもかわうどんでおいしかったです。

そういう部分でも、田中はヒラフ花園と比べても好きなスキー場だなぁなんて思いました。ロングライドをたのしめるいろんな人が好きになるいいスキー場だと思います。

☆☆☆

というわけで今回はニセコアンヌプリのお話でした。

雪バカ田中今年39歳。いろんなもんを背負いながら滑りに行っております。時間的にも金銭的にもニセコアンヌプリを額面通りに旅するのが難しい環境にあります。でもでも、一度は行ってみたいぜアンヌプリということで、自分が仕掛けたのは1.5日の旅でした。自分が思っていたよりもいいスキー場だったので、またいつかはここに来たいなー!なんて思ったのでした。

関連エントリ:

NO,

雪バカ田中

雪バカ田中

何者でもないフツーのサラリーマンです。2010年頃よりスノーボードにドハマりしてから、冬期は毎週雪山に通う週末を過ごしています。 1982年、東京生まれ。好きな食べ物は担々麺。

関連記事

コメント

    • ザルコ
    • 2021.05.24

    こんにちは。

    小生もアンヌプリは、好きなゲレンデです。
    ヒラフよりまったりとした雰囲気がいいですよね。ふもとのパウダーカンパニーでgentemも借りられるし。
    今季は、結構お世話になった場所です。

    来季は活気が戻るといいですよね。

    でわでわ。

    • >ザルコ様
      コメントありがとうございます。ニセコや花園と違った素朴な贅沢感ありますよね。
      ではでは

    • あゆこんぐ
    • 2021.05.25

    私もニセコの中ではアンヌプリが1番好きです。
    ホテルも好きだしナイターもあのフード付きクワット回せば楽しめるし♪緩斜面好きな私には最適ですw

    それにしても花園はローカル感あるゲレンデだったのに…いつの間にかハイアットが出来たりオシャレスポットになっちゃってるんですねー。
    花園へ行くには避けて通れない「羊蹄サンセット」コースが何度滑ってもあのカリカリさと斜度で心折れるのです。
    風向き?斜面の向き?パッと見いい斜度~と見えるんですけどね…。

    • >あゆこんぐ様
      コメントありがとうございます。アンヌプリは自分の中では行ってみたいスキー場だったので行けてよかったです。
      行ってみたい!と思ったところに行くっていうそのプロセスが好きですね!

雪バカ田中

雪バカ田中

何者にもなれなかったスノーボード大好きサラリーマンです。数年前よりスノーボードにドハマりしてから、冬期は毎週雪山に通う週末を過ごしています。 1982年生まれ東京在住。

TOP