スノーボードのスキー場

激穴場!北海道 ぴっぷスキー場で滑ってきました。

新元号が発表になりました!なんとなく新時代が来る感がありますよね!昭和生まれの雪バカ田中です。

さて、今回は北海道スキー場めぐり9回目のお話ございます。バカみたいに北海道へ日帰りで行って滑っています。前回のキャンモア&カムイスキーリンクスの翌週は、また旭川へ日帰り旅をしてきたのでした。行先は、北海道の上川郡比布町にある「ぴっぷスキー場」。旭川空港から車で50分という場所にあるスキー場です。スノーボード雑誌「FREE RUN」でオススメのスキー場として取り上げられていたのをきっかけに知りました。

北海道 ぴっぷスキー場について

北海道上川郡比布町にあるスキー場です。アクセスは比布ICから2km3分。旭川市街から35分26km。また、JR比布駅からは無料バスが出ていて、旭川市街からもバスが運行しています。リフト券は1日券¥3,000。公式web

リフト3本、コース9本という小さめの規模のスキー場ですが、スペック以上に不思議な魅力があるスキー場です。広々としていてかなり気持ちのいいコースがそろっています。

バランス派の好ゲレンデ!のんびりスノーボードが楽しめます!

ぴっぷスキー場の特徴はボードで遊べるコースが充実していて、そこをいい感じにリフト回しができるところ。こう書くとなんだかぼやけた表現になりますが、ボード好きが遊びに行くスキー場としてはかなりの高偏差値ですね。

センターハウス前に広がるメインバーンは、やや急斜面。ボードで滑るには斜度はもうちょいゆるい方がいいとは思いますが、降ったときのパウダー遊びにはちょうどよい感じ。端パウゾーンがふんだんにありました。そして、ぴっぷは迂回コースも滑る価値大アリ。コース幅があって地形もあるので遊べるスポットが点在しています。

田中は3月下旬の土曜日にお邪魔したのでしたが、人もいなくてとっても快適でした。旭川近郊には中規模のカムイスキーリンクス、大規模の富良野、パウダースポットの旭岳、市街地から近いキャンモアと、特徴的なスキー場が多いんですよね。対してここぴっぷスキー場はとにかくのんびりしたナイスな雰囲気が漂っています。

田中がお邪魔したときはスキー場の上部にはミニパークができていました。5mキッカー、3mキッカー、スパインがありました。パークメインというスキー場ではないのですが、こういう程よいお遊びアイテムがあるのはありがたいです。

こういうローカルスキー場って、パウダーやターンがマイペースで楽しめる反面、コースバリエが少なく飽きてしまいがち。パウダーがなくなってしまったり、バーンが荒れ始めるともういいかなってなってしまうものですが、ぴっぷはそうではなく非圧雪やピステンバーンがなくても楽しめる優良なスキー場なスキー場です。1日滑っていても飽きませんね。

東京から足を運んだという北海道補正は入りますが、個人的に超アタリスキー場でした。田中は10:00到着で15:30までの滞在でしたが、夢中で滑ってしまいましたよ。

キレイでうまいセンターハウスもまたナイスなんだな。

そんなナイスな空気感の漂うぴっぷスキー場ですが、センターハウスもいい感じなんです。きれいで快適なんすよ。最近できた高速道路のPAのような作りで、配慮された動線が特徴的。ストレスがないのでのーんびり滞在できます。

ゲレ食のメニューで名物っぽいのが「卵かけごはん」。卵かけごはんの食材はすべて比布の地場産なんだそうです。ご飯とタマゴにお総菜1品と味噌汁、サラダがついて¥500。お惣菜は日替わりという事ですが、この日はカボチャのコロッケでした。かなりうまかったです。

そして、もうひとつのぴっぷの自信作は「あげたい焼¥120」。たい焼きを揚げたもので、通称「あげたい」。パリっとした触感とあんこの濃い味がガツンと脳に響きます。これもかなりウマかったです。北海道のあんこって謎にウマいすよねー。このたい焼きは東京のデパ地下で売ってたら長蛇の列ができてもおかしくないヤツでしたよ。

さらに!リフト券の1日券には半券がついていまして、お隣にある複合施設「遊湯ぴっぷ」の入浴料¥500無料になります。そして、謎なことに温泉の方が断然混んでいました。この温泉はキレイで使いやすく、休憩所もあるので利用価値が非常に高いです。着替えや荷物整理にかなり使える施設です。このコスパの良さは何らかの表彰に値するべきです!

総合的に言って、滑れるスノーボーダーにはかなりナイスなスキー場かと思います。泊りがけで滑りたいリゾートではなく、ここでは滑るか食べるかぐらいしかやることはありませんが、逆にそれが良かったりするんですよね。人も少なくコスパも超高い。穴場スキー場です。とにかくマイペースにやれるのでヒトリストにもオススメです。

☆☆☆

雪バカ田中は飛行機+レンタカーで日帰りでした。

というわけで、今回は日帰りで旭川に飛んでレンタカーを使い、ローカルスキー場に行くというなかなかマニアックなトリップになりました。航空券を除いた旅行費用は、レンタカー代¥8,000、羽田空港駐車料金¥1,500、リフト券代¥3,000。で合計¥12,500。

実はシーズンイン前の計画段階でこのぴっぷスキー場を行くかどうかは相当迷っていたですが、後押しになったのはravelさんという方のコメントでした。ravelさんは雪バカ田中に「さかえ倶楽部スキー場」を教えてくださったお方です。勝手に師匠とお呼びさせていただいる方です。そんな師匠がコメント欄で「ぴっぷはいいらしい」という事をおっしゃっていました。師匠情報は間違いないと思い、今回のぴっぷ行きを決意した次第でございます。師匠!やはりあなたの感性は間違っていませんでしたよ!

師匠だけではなく、雪バカ日誌には優良な口コミ情報が書かれることも多いので、読んでくださる方にはいつも感謝しています。皆様本当にありがとうございます。

今回はぴっぷスキー場で滑ったお話でした。

さすがに北海道日帰り奇行を繰り返していると、さすがに疲労もたまってきまして…。ついつい、栄養ドリンクに頼ってしまう雪バカ田中がお送りいたしました。

関連エントリ:

NO,

関連記事

  1. スノーボードのスキー場

    今シーズンの〆は飛行機で山形へ。月山スキー場に行ってきました!

    どうも、雪バカ田中です。2018年も5回目の給料日。2018年もあっと…

  2. スノーボードのスキー場

    たまにはまったりゲレンデクルージング。湯沢パークスキー場にいってきました。

    こんばんは田中です。東京はちょこっと日差しもあり暖かい日が続いておりま…

  3. スノーボードのスキー場

    行ったぜ日本最北端!稚内こまどりスキー場へ弾丸旅。東京から日帰りで。

    どもです!雪バカ田中はまた旅に出てきました。今回の行き先は日本最北端の…

  4. スノーボードのスキー場

    長野県小海市・小海リエックス・スキーバレーに行ってきました!

    どうも!田中です!皆様、2015年の暖かい冬、いかがお過ごしですか?…

  5. スノーボードのスキー場

    新潟県小出ICから30分。須原スキー場に行ってきました!

    どうも!お疲れ様です。田中でございます。皆様、いかがお過ごしでしょうか…

  6. スノーボードのスキー場

    大変お世話になりました!群馬県片品村武尊牧場スキー場に行ってきました。

    こんにちは田中でございます。最近は自分が住んでいる場所より上信越の天気…

コメント

    • ナガ
    • 2019年 4月 07日

    スキー場内にある雪番屋ものランチもブログネタに良いと思いますよ。

      • yukibakatanaka
      • 2019年 4月 10日

      >ナガ様
      コメントありがとうございます。あの、駐車場からわきのところっすよね。すげーレアそうなメニュー書いてありましたが、いいんすね!次はそこ行きます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP