雪バカコラム

さてさて、20-21シーズンもそろそろ始まりますわなー!

どうも、雪バカ田中です。紅葉も深まりシーズンが近づいてまいりました。木枯らしもピープー吹います!これから、楽しくも苦しいシーズンがやってまいります。雪は降るのか!?財布は持つのか!?シーズン頭から怪我したくないななど、ウキウキと不安が混じりあう時期です。

というわけで、今回の雪バカ日誌は今年も始まるねぇ!という話題です。

スキー場の新型コロナウィルス感染対策。

今年どうなんよっていうことを考えなければいけないのは、やはり新型コロナウィルスの感染拡大の影響。

スキー場側のコロナ対策として、多くのスキー場が挙げているのがゴンドラとロープウェイの定員削減というところでしょうか。
ゴンドラは相乗りの中止、ロープウェイは定員減となりますかね。これによって、ゴンドラやロープウェイの並びがすごくなりそうと予想します。

特にロープウェイ・ゴンドラがメインで人気があるスキー場はシーズン序盤は1週間ほど様子を見たほうが良いのかも。シーズンイン期からいっぱい雪がある新潟のあそことかは、平気な顔して冬の屋外に長蛇の列が作らせるのではないかと予想ができます。逆に考えれば、メインがリフトですなんていう小さ目のスキー場が当初のねらい目でしょうか。

また、最低でも2021年の春までは観光目的の海外渡航・観光客受け入れは厳しいだろうという状況です。日本在住者としては国外旅行はできず、日本に観光旅行に来る外国人も皆無となります。

というわけで、訪日外国人が多く旅行相場が上昇していたエリアに遊びに行くには、チャンスじゃねという状況です。ニセコ・ルスツ・キロロの北海道のメジャーどころ、本州だと長野の野沢・白馬・志賀のオリンピック開催地。ただ、ここは日本のスノーボーダーからも人気が高いところなので、激安・ガラガラとはいかなそうな雰囲気。

北海道は裏をかいてトマム・富良野はいいのではないでしょうかねぇ。あとは、修学旅行やバスツアーでの集客がメインだったスキー場も狙いどころかな。

GOTOトラベル!もあるよねー。

で、ダメージを受けている観光業界の支援策であるGOTOトラベル。もちろんスノーボード旅にも使えます。GOTOの活用に関しては細かいルールがあってこれがややこしいのですが、シンプルにロスなく活用するには、旅行代理店のパック旅行が一番。それが手っ取り早く損はないパターンですね。

では、バラで手配する自動車旅は?となるのですが、これが少し複雑で宿だけ予約で旅行すると割引がかかるのは宿だけ。高速代までも対象にするならば宿へ直接予約&staynavi登録というのが必要です。これがまぁめんどくさい。

というわけで、現状はGOTO活用に関して言えば新幹線&飛行機のほうがシンプル。飛行機はJALが日帰りや片道+宿でもゴトゥれるようにしているので、使い勝手はいいです。

ただ、実際GOTO活用ありきで旅のプランニングをしていくと実際の旅全体への価格インパクトはおもったより少ないというのもありがちな話です。1月末までの予定ですが延長検討の報道も出ています。そうなると、旅のプランニングはいつがいいのかいう問題が出てきます。

ですので、あまりゴトゥゴトゥしすぎてもねといったところが雪バカ田中の肌感です。(これが言いたかった)

20-21シーズンカレンダーを眺めてみよう!

カレンダー的には12月は23日が祝日じゃなくなってしまいました。この祝日は好きだったので個人的には残念。

そして年末年始はお休みがちょっと薄め。1月4日が月曜日なので標準的には5連休ですといった感じでしょうか。正月明けの翌週に成人式の3連休は健在。2月はちょっといい感じで、2月11日(木)、2月23日(火)がお休みです。どちらも間を休めれば4連休が成立です。3月はいつもの祝日(春分の日)が土曜日に食われて消滅。3月は祝日がありません。GWは4月29日(木)を休んで5月1日~5月5日で5連休です。

シーズンを眺めてみると、2月は休みが多くて、12月・3月は減ったという感覚。仲間と都合を合わせて大きめのトリップを仕掛けるならば、2月に有給取得して4連休というのがよろしそうですな。

新型コロナウィルスの感染拡大の状況が現状のままだと仮定すると、お正月休みは帰省する人がメチャクチャ多くなりそうな状況。公共交通を嫌って車で旅行という傾向も強そうです。なおかつ、いつも正月は海外で過ごすという人々も国内旅行を考えるために、正月の高速道路はエグいことになるでしょう。実際、今年のシルバーウィークは渋滞がかなりエグかったです。連休最終日前日夜の中央道で6時間マシをくらいました。

正月旅行を考えている人は今から宿を予約するのはもちろんのこと、移動する時間を深夜にするなど交通戦争への構えは確実に必要かと思います。

スノーボード雑誌も続々と発売よ!

昔昔はスノーボード関連の雑誌がいっぱい発売されてましたが、今はメインとなるのは2誌。「FREE RUN」と「Diggin MAGAZINE」。今シーズンはフリーランは3号、ディギンは2号発行とのこと。いずれも年内いっぱいで全号発売となります。

ディギンは今並んでるのが東北特集ですね。面白かったです。それから12月発売号はなんとファミリー特集。けっこうコアなイメージの強いディギンが、ファミリー特集をやるっていうのは意外で楽しみです。あと、ディギンは電子書籍版が出ていますのでamazonや楽天で過去作が手軽に読めます。

あとは、パウダー系の「FALL LINE」は2020年vol1,vol2発売中。年イチ発売系の雑誌(ムックなど)で行けば、写真系の「stuben」はvol,5が出るようです。登山雑誌「PEAKS」別冊扱いで例年発行されていたバックカントリー誌「WHITE MOUTAIN」はまだわかりません。(昨年は11月28日発売)、「BACK SIDE」は2年前まで年3号だったのが、昨年は年1号の発売(昨年は11月1日発売)でした。バックサイドの今年は今のところ不明。

それから読み物系といえば気になるのが大作家東野圭吾先生のスノーボードモノ。2016年の雪煙チェイスと恋のゴンドラが最後になっています。2010年が白銀ジャック、2013年が疾風ロンドなので、そろそろあってもいいですよね。根津と千晶もファミリー特集かなー。

時代はネットなのはわかりますけれど、やっぱり紙は紙でいいと思うので頑張ってほしいところではあります。思うに世の中はネットの反応を欲しがりすぎというのはあると思いますね。ペラペラめくってかっこいい写真がドーン!っていうのは紙の強みだと思うけれど、これってあんまりネットの反応に出にくいですよね。あとは時系列追っかけるのに関しても紙が強いすよね。紙は誰かが不祥事起こしても簡単に消すことできないからね。

DVD関連も今年は遅れてますなぁ。それから、去年行ってよかったと思った日本横乗映画祭は今年は開催見合わせだそうです。

というわけで、毎シーズン恒例の今シーズンも始まりますね!というお話でした。みなさま、思い思いのシーズンをお過ごしください。そして、自分らしい冬をお過ごしください。

no,497

関連記事

  1. 雪バカコラム

    超雑談。スノーボードの仲間との巡り会いや別れのアレコレ。

    どうも!田中でございます。今回はちょっぴりナイーブなお話です。スノーボ…

  2. 雪バカコラム

    スノーボードを長く楽しむために。12月と4月を楽しもう!

    どうも雪バカ田中です!狭山スキー場オープンのお知らせが出ましたね!20…

  3. 雪バカコラム

    スノーボーダーがスノーボードを嫌いになるとき。

    こんにちは田中です!シーズンインに向けていろいろ考える事もあってか、エ…

  4. 雪バカコラム

    もはやレジェンド!?オレの心をざわつかせる「例のスノーボーダー」を追跡した。

    どうも田中です。9月でございます。来月はイエティがオープンとか言われて…

  5. 雪バカコラム

    昨オフにスノーヴァ溝ノ口に20日行った事を赤裸々に話そう。

    どうも!雪バカ田中です。オフトレの季節ですねー、皆さんオフトレします?…

  6. 雪バカコラム

    富山にスノーボード旅行に行くのが意外とアリな件

    どうも!田中でございます!バレンタインデー!皆様はチョコもらいましたか…

コメント

    • いずみ
    • 2020年 11月 16日

    スノーボードにハマり、自分のお金で一式揃えられたあの頃はまだガラケーで(汗
    どの板を買おうかと「Snowboarder」買ってました。
    【ペラペラめくってかっこいい写真がドーン!】物凄くわかります!
    昔はとりあえずビール!な勢いだけでしたが
    今ならしっぽり日本酒のお供になりますね。
    ちまたではソレを老いと言うとか言わないとか。。。(チクショー

    GOTOと海外の方が少ない今年は好機!と北海道計画中ですが
    最近、各都心部での感染者がまた増えてきてどうなるんだろう。。。と心配です。
    今年はちゃんとした冬になりそうで積雪が期待できるだけに
    他県への移動規制出たら悔やみきれません><

    追記)オフトレ登山の残業編
    大峠-赤岩ノ丸-黒岳-川胡桃沢の頭-牛奥ノ雁ヶ腹摺山
    帰り大渋滞の修行付きで行ってきました(笑

      • yukibakatanaka
      • 2020年 11月 17日

      >いずみ様
      コメントありがとうございます。スノボーダー懐かしいですねー!読者のお手紙コーナーとかあって和やかな雰囲気でしたよね。
      コロナに関しては本当に先が読めないすよねー。悩ましいです。世情やGOTOに振り回されてて自分も予定に悩んでおります。

      オフトレ登山残業編お疲れさまでした(笑)

    • kyami
    • 2020年 11月 18日

    雪バカ田中さん
    記事UPありがとうございます。
    私は早速先々週の土曜日にウイングヒルズでシーズンインしました。
    コブをわざと作るスキーヤーがいるみたいでTwitter上では評判が最悪ですが、私の時はちょっとボコボコしている程度で、春雪みたいな雪質もあいまって良い不整地での練習になりました。
    コロナ対策ですがスキー場によってさまざまで、六甲山スノーパークみたいに1人1人検温されるところもあれば、ウイングヒルズみたいに自動で測定する検温器が置いてあるだけのところもありました。
    GoTo活用して年末の北海道旅行を計画していたのですが、テイネがある札幌でコロナ感染が急増しているのを受け、泣く泣くキャンセルしました・・・・(2月に親戚の結婚式があるので)
    田中さんの記事でETCマイレージは登録できましたが、staynavi登録は知らなかったので今度やってみたいと思います。
    読み物はFreerunを購入し、動画は何といってもBurtonのOne worldが楽しみです。
    (the Bがめちゃくちゃ好きなので)
    コロナでスキー場がこれからどうなるかもわからず、今年は雪が多く降るという予報も怪しいですが、お互い良いシーズンにしましょう。

      • yukibakatanaka
      • 2020年 11月 20日

      >kyami様
      コメントありがとうございます。おぉ!シーズンインおめでとうございます。さすが早いっすねー。バートンの新作、すごく話題になってますよね!自分も土曜日の夜にビール飲みながら見るつもりです。

      先月と比べて、コロナの話題も強くなってきましたよね。正直気が滅入いりますねー。自分も1回目の北海道はキャンセルになりました。雪不足が原因です

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP