スノーボードのスキー場

ニセコHANAZONOスキーリゾート行ってきました。日帰りです。

どうも、雪バカ田中です。今回は滑走日記。日帰り奇行シリーズ最新作をお送りいたします。今回の行先は北海道のニセコ!12月の上旬、日帰りでニセコ行ってきましたよー。東京から。

「雪バカ田中さん、あんたいいペースで遊んでるじゃない?」と思いの方、ご安心ください。諸事情ありましてこのあと一気にペースダウンしますので。ご安心ください。なので、行ける日は自分の持っているボード旅のノウハウを駆使して全力投球で遊びに行くことにしました

12月。ふと休みをいただいた雪バカ田中。

12月頭ごろ。ふと突然に平日休みをいただくことになりました。そうなったら、スノーボード行くっきゃねぇ!けれど、まだまだ降雪が心もとない12月の2週目どこに行こうかな。信越の人工雪のスキー場が開いているけれど…という状況。

というわけで、どうせ滑りに行くならばいい雪で長距離滑れるところに行きたい!と思い、休みをいただけることになった1週間前ぐらいに北海道日帰りを決めたのでした。そっこーで北海道行の特典航空券とレンタカーを予約。日頃の生活でコツコツ貯めたマイルを使って航空券をゲット。12月上旬の平日は北海道の観光オフピーク時ですので1週前でも余裕で予約できるんですよね。

あとは行けるところでその日のコンディションのいいところにドライブして行こうという算段。実際にこの日の北海道は高気温の晴れ模様でして、その良好な道路事情を生かして、ニセコにいくことにしました。千歳空港からニセコまでは雪がない道を走って2時間半。6:15の北海道行きの飛行機に乗ってから4時間半。10:45に目的地のニセコ花園スキーリゾートに到着です!

ところで、皆さんは花園と聞いて何を思います?ラグビー?神社?雪バカ田中は「熱血硬派くにおくん」です。マッハパンチ!

ニセコ花園スキーリゾートについて

ニセコ花園はニセコにある4つのスキー場からなるニセコユナイテッドの一角。地図上で見ると一番右側に位置します。昔は「ニセコ花園ワイス」という名称だったようで、道中の看板は旧名称のままでした。

リフトが3本。コースは8本。縦に長いスキー場で3つのリフトが縦に並んでいます。リフト沿いに急斜面のコースが通っていて、それを迂回するような緩斜面という構成。花園単体で見ると規模的には小さめ。コースを額面通りに見るとスノーボードが楽しめるコースが少ないものの、マニアックなバーンが多い印象。お隣のグランヒラフとセットで楽しむのがよろしいかと思います。

ニセコらしく、外国人が多くスタッフも外国人ばっかり。英語が飛び交っていて、ちょっとした海外旅行が味わえますね。2019年12月現在、花園の麓ではハイアット系のリゾートホテルが建設中で、バカでかくてバカゴージャッスっぽい建物ができていました。センターハウスもきれいだし、ゲレ食もどっかの空港のラウンジかいなと思えるような建物。本当にスノーリゾートでございましたよ。

2019年12月上旬。日本中まだまだ降雪が少なくて、北海道のスキー場のオープンが遅れている状況ではありましたが、ここニセコ花園は一応全コースオープン。(まだところどころブッシュが出てたけどね)しっかりとスノーボードを楽しませていただきましたよ。11時に滑り出してから15:30の4時間半。一人でガツガツ滑りました。そこまでグッドコンディションではなかったものの、今の時期にワイドバーンを長距離滑れるのはすごくありがたい!

¥1900バーガーの哲学。

今回は日帰り弾丸ニセコトリップ!ということで、到着してすぐに滑り出してから一通りコースを滑って、ランチ休憩。花園のふもとにあるゲレ食でご飯を食べることにしました。バカみたいにきれいでおしゃれな空間なんだけど、値段もバカみたい。ハンバーガー¥1900でした。

ほんと流行りの観光地ってふざけてるよねーという思いと、なんだかんだでニセコ感を味わいたいたいというミーハー心で頼んだのですが、これが想像以上にちゃんとしててうまいの!休日に都内のオサレカフェで頼む¥1,500ぐらいのバーガーと同じぐらいのクオリティだったんですよ!いやむしろ、この空間で食べるならば全然アリ。外国人仕様のバーガーだからボリュームもあるし。

なんかね、スノーリゾートっていう言葉って本当にあるんだなと思いましたよ。すごいね、ニセコ。お客の大半は外国人だったわけですけど、確かに逆の立場で考えると自分が海外旅行行って昼めしがプリンス系列のアレだったら、ちょっとキツいっすもんね。「小さいころに、プールで食べたわー。このラーメンの味。」とか、こっちにフォローさせるのほんとやめてほしいんだよね。プリンスさんよー。その観点からすると、確かに値段はするけどちゃんとしてるわ。ニセコ花園。

あと、そんなゲレ食で目に入ったのが、スクールのイントラとお客(両方外国人)が一緒にメシ食っているという光景。アジア系のお客さんが2~4人で欧米系のイントラを1日つけてる感じだったんですが、メシまで一緒に食べてるんですよね。そんな光景をよく目にしました。イントラはとにかくお客を楽しませるって感じでいて、ちょっとしたガイドも兼ねてる雰囲気でした。

まぁイントラが¥2,000前後のランチ食えるってことはお客側もそれなりのお金払ってるんだろうけど、その光景はなかなかニセコらしくて面白いなと思いました。いわゆる日本スキー場とそのスクールという感じじゃなかったので、この光景は見ててなかなか新鮮でした。イントラやってたり、目指している人にとってはいい刺激になるんじゃないっすかね。

この日は冬至が近かったために、北海道は16:00には日没を迎えました。

今回、北海道を旅してみて感じたのは冬至近くの北海道は夕暮れがけっこう早いってこと。15時を過ぎると夕暮れになり冷えはじめ、16時を過ぎたら真っ暗になりました。

これは12月中旬~1月上旬に北海道を旅するスノーボーダーは知っておくべきことですね。まぁナイター照明が入るので滑走自体には問題ないのですが、降雪のない日なんかはコンディション的に不利になりやすいです。滑り終わった人に運転するにも難しい状況になります。

飛行機で北海道にいく旅を組んだ場合、初日は頑張ってもスキー場到着は11時前後になるかと思います。そこからダラダラ準備をして、腹減ったし先にメシ食う?なんてやってると、到着日はほんの少し滑っただけで夕暮れですなんて状況になっちゃうんですよね。

なので、冬至前後の北海道は日没が早いことを考えておいて、初日のスキー場は早めに到着できるところを選んだり、事前にメシのタイミングを考えておいたり、準備がスムーズにできるようなパッキングを考えたりしておくことが結構大事かなと思います。

そうすることで、旅の密度を上げることができます。お正月に北海道いくんすよ!なんて、うらやましいスノーボーダーは知っておくといいことだと思います。

かかったのは¥15930と12000マイル。

かかった費用は、航空券抜きでレンタカー代(ガス代込み)が¥10,500、リフト券¥3,900、羽田空港駐車料金¥1,530で、合計¥15,800。あとは¥1,900のバーガー代と、帰り道に寄った、空港近くの名湯「くるみの湯」の入浴代、空港で味噌ラーメン食べたぐらいです。

マイルを考えなければ、約1.6万の旅行代金。これはざっくり言うと、平日に東京から一人で車に乗ってかぐらに滑りに行くのと同じぐらいの料金なんすよね。(もちろん、マイルは12,000かかるけどね)

昨シーズンの春、同じく日帰りで北海道にきてレンタカーで初めて来たニセコ。「またいつかはニセコに来てみたいなぁ」なんて思っていたけど、まさかこんなに早く来るとは思わなかったですね。経験値ってほんとバカにならんすよね。ただね、スノーボードは全然うまくなってないの。不思議なもんですわ。

今回のニセコ日帰りの旅は、偶然にも仕事で平日休みができてタイミング的に飛行機の空席があり、北海道の雪も少なくてという、複数の幸運が重なったからできた旅でしたね。移動しっぱなしで疲れたけれど、充実感は高かったです。

以上、シーズンはまだ始まったばかりなのに、手持ちマイルもボーナスも使い果たして、この先どうなることやらと不安でいっぱいの雪バカ田中がお送りいたしました。皆様もよいシーズンスタートを!

関連エントリ:

関連記事

  1. スノーボードのスキー場

    サラリーマンボーダーの味方!新潟県十日町市 なかさと清津スキー場で滑ってきたよ!

    皆様!あけましておめでとうございます!2019年もスタートしましたね。…

  2. スノーボードのスキー場

    ほら足もとをみてごらん!北海道キロロスノーワールドへ弾丸トリップ!

    どうも!雪バカ田中です。今シーズンは北海道に滑りに行きまくるという奇行…

  3. スノーボードのスキー場

    パウダーすぎるスキー場。さかえ倶楽部スキー場に行ってきました。

    こんにちは田中です。先日はさかえ倶楽部スキー場に行ってきました。穴場ス…

  4. スノーボードのスキー場

    いきなり志賀高原焼額山スキー場に旅立ってみた。もちろん一人で

    今年もJRskiskiのCMが来ましたね!今年のコピーは「この雪に…

  5. スノーボードのスキー場

    道場的存在!スノーパーク尾瀬戸倉はスノーボード練習にいいぞ!

    こんにちは田中です。先週は久々にピーカンでしたね!楽しかった―。2週前…

  6. スノーボードのスキー場

    また志賀高原!一ノ瀬ファミリースキー場・寺子屋スキー場で滑ってきました。

    どもども。雪バカ田中です。いやぁ、あったかいっすね。最近は超暖冬だった…

コメント

    • ザルコ
    • 2019年 12月 15日

    こんにちは、いつも楽しく拝見させて頂いております。

    まさかニセコに日帰りとは…脱帽です。
    小生は来月に北海道へ滑りに行って来ます。
    (同じくマイレージ使用です)

    お互いに怪我無く楽しく過ごしましょう。

    ザルコ

      • yukibakatanaka
      • 2019年 12月 16日

      >ザルコ様
      コメントありがとうございます!おぉ!1月に北海道ですか!うらやましい!マイルあると夢が広がりますね。
      そうですね。とにかく怪我無くです。良い旅を!

    • まいく
    • 2019年 12月 16日

    お疲れ様です。

    ふとした、1日休みに日帰りニセコ…。
    まさに昨シーズンのトリップ連発が経験値になってますねぇ!

    1回経験してみると案外「イケるやんけ!」になるんですよね。

    今シーズンは新たな相棒も買ってしまったので、節制の冬になりそうです。
    そんな中でいかにトリップを楽しむか。

    今年も雪バカ日誌を参考にさせて頂きますね!

      • yukibakatanaka
      • 2019年 12月 16日

      >まいく様
      コメントあざます。おっしゃる通りに経験が生きましたね。「案外行けるやんけ!」は、その通り。

      ムチャと無謀の線引きできるいいお年頃の雪バカ田中でございます。制限の中でどれだけやれるかみたいなのが、ここ2年のテーマになっています。移動するだけならばおじいさんになってもやれるので、その時でもやれるスノーボードライフのレールを敷いてる作業中でもあります。

    • いずみ
    • 2019年 12月 16日

    今期、早くも北海道2発目ですと!?
    年々、雪の便りが遅れて北海道へ行きたくなる気持ち分かります
    マイレージが貯まってて羨ましい限りです
    妹が旦那の転勤で北海道へ移り住んだので
    次の転勤が来ないうちに北海道へ行きたいなと思ってる次第でございます

    ちなみに、移動に飛行機を使う場合、板・ブーツ等の道具は輸送されているのでしょうか?
    機内預けの場合、サイズによるのでしょうが別途費用かかるのですかね?
    いつか滑りに行く時の参考にしたく。。。

      • yukibakatanaka
      • 2019年 12月 16日

      >いすみ様
      コメントありがとうございます!早くも2発目ですが3発目の予定は立っておらず、引き出しはありません!マイルがあれば、あとはタイミングを読みさえすれば、意外と北海道への旅はそんなに難しいものではなくなります。(ちなみに、マイルは全支出をカード払いするという涙ぐましい努力でためています)

      ちなみに荷物の輸送ですが、ANA・JALでしたら預入荷物で無料です。バインを付けた板にソールカバーを付けたものと、でかいバックにブーツ・ウェアを入れたものの2点を預け入れします。日帰りにすると荷物もそれだけなので、ターンテーブルでそれらを拾い、すたこらさっさとスキー場に向かいます。

    • あゆこんぐ
    • 2019年 12月 20日

    一泊でもハード!と先日思ったのに日帰りとはアグレッシブですねー。
    ニセコはアンヌプリが好きです。

    HANAZONOは変わってきましたね。
    冬期限定のアスペルジュのランチオススメです。洞爺湖サミットのファーストレディのランチで有名になったマッカリーナの姉妹店です。
    初めて行った時はお金あまり持たずに滑ってて足りなくて入れず…翌年リベンジしました。タラタラ滑ってのデートスポットに良いですー。たぶん。

      • yukibakatanaka
      • 2019年 12月 20日

      >あゆこんぐ様
      ありがとうございます。上層階級のランチ情報ありがとうございます。
      アンヌプリ・ヴィレッジは行ったことがないので、機会があったら言ってみたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP