雪バカコラム

スノーボード上達のために、考えておきたい4つのポイント!

こんにちは。田中です。今回のエントリーは個人的つぶやきです。
東京は冬の訪れを少しづつ感じます。スノーボード好きにとっては大好きな冬がもうすぐやってきますね。
今回は上達についてのエントリです。といってもHowtoではなくて、精神論というかスノーボードとこう向き合って滑るとうまくなるんじゃないかと、自分なりに考えたポイントを述べたいと思います。参考になれば幸いでございます。

スノーボードって遊びからスタートしたスポーツですし、回数を重ねるにはお金がかかるので、上達って難しいですよね。
でも、スピンやグラブができるようになると日々のフリーラン中に小技を楽しむことすることができます。意識したライン取りがタイトにできるようにれば、バックカントリーやツリーランなど圧雪したゲレンデ以外も滑走できるようになるので滑りの幅が広がります。上達すればするほどスノーボードは楽しくなるのは事実です。

でも、せっかくお金と時間をかけて楽しむために雪山に来たのに、練習ばかりしたくはないって思うのも本音ですよね。
(田中は練習が苦しいって思ったことはないですが、スクールや検定などの待ち時間中は早く滑りたくてウズウズしてしまいます)
そこで、楽しみながら上達するコツ4項目としてエントリーしておきます。
具体的な上達メゾットではありませんが、知っておけばスノーボードがきっと楽しく上達できるポイント4項を紹介したいと思います。

 

奥只見の駐車場

・ 憧れを持ってすべる!
上達をするためには自分の理想像を持って滑ることが大事です!
「いつかは○○のトリックができたらいいなぁ」「○○みたいなかっこいいターンが出来るようになりたい」
そんな理想像を持っておくことが重要です。漠然と斜面をズリズリすべるだけではなかなか上達しません。
そうならないためにも、できるだけ動画やゲレンデなどで、自分がなりたい理想像をイメージことが上達のコツです。
どんなスポーツでも理想像と現在の自分の乖離を埋めていくことが、上達のさらなるコツだとおもいます。
そこまでストイックにならなくても理想像をイメージして滑るだけで、漠然と滑ってる人と比べたら上達のスピードに差が出てくるでしょう。

・上達するための仲間と滑る!
上達するためにはナイスな仲間と滑りましょう!
上達を目指すために自分よりうまい人について行ってアドバイスをもらいながら滑るのが一番です。
ですが、そんな環境が整っていない人も多いのではないでしょうか。
では、どういった仲間と行けば楽しみ上達できるのか?その答えは簡単です。
「自分の滑りを見てくれる人と滑る。」これにつきます。たとえその人が自分よりもスキルが下であっても、「さっきの滑りかっこよかったね!どうやってるの?」「あのトリックもう少しやればできそうじゃね」などと同乗したリフトの上で話しお互いの滑りに対してコメントをすることが
自然と上達につながるとおもいます。。そして、そんな仲間と滑ってるときは自然と狙ってる滑りが完成します。
また、自分も仲間の上達の助けとなるように仲間の滑りを見てあげて何かコメントしてあげると、楽しみながらお互いが
上達するいいスノーボードになると思います。
逆に、ツーっと直滑降でライドしてリフト乗り場で待ってるだけという仲間と一緒に滑っても、気を使うだけで身に付くライディングができません
上達を目指すならば、ちょっと考え物です。


・道具のせいにしない!

自称中級者の方々がよく言うのが、「オレの板は○○だからそれはできない」。田中はこれってすごくさびしい気がします。
確かに、板の硬さや形状によっては仕掛けやすいトリックや滑りがあったりあるのは事実ですが、道具のせいにしてトライを止めてしまうのは悲しい気がします。
実際パウダーボードで180や、ジブ用の柔らかいロッカーボードでもカービングをすることは可能です。
楽しみながらトライしていくためにも、自分の道具に愛着を持って大事にして前向きな心で楽しむことを忘れないことが上達にも欠かせないと思います。


・やっぱり大事なのはフリーラン!

スノーボード上達のためにどんなことが大事なのかとモクモクと考えて生きている田中でございますが、最後はやっぱりこれに行き着きます。
大事なのはフリーランです。スイッチで滑れなければ180等半回転後のスイッチスタンスでの着地ができませんし、カービングができなければ360が回せません。
フラットで滑る感覚がつかめていないと、オーリーやスライドも精度の低いものになってしまいます。
フリーランの質を高めることが全体的に滑りの質を向上させるのだととつねづね感じます。
そのためにも、質の高いフリーランを数多くこなして行くことが、全体的な上達のステップになります。

と、つらつらとブログ開設当時に下書きをしていたエントリーを書き直してアップロードしてみました。楽しく上達できれば、きっともっともっとスノーボードが好きになりますよね。
短い人生の中で、せっかく時間とお金をかけて楽しむスノーボードですからね。少しでも有意義に過ごしたいものです。
皆様が前向きに上達してより良いボード旅ができるようを祈っております。

人気ブログランキング

No,41

関連記事

  1. 雪バカコラム

    スノーボード旅行に行くときの服装を考えてみる。

    どうも田中です。運動をせずにビールをがぶがぶ飲んでいる雪デブ田中です。…

  2. 雪バカコラム

    スノーボード初心者の方には、まずブーツを買ってほしいというお話。

    こんにちは!田中です。今回はちょこっと初心者の方向けのお話です。お…

  3. 雪バカコラム

    本格的なスノーボードシーズンインを迎えるにあたって気を付けたいポイント!4項目。

    どうも!雪バカ田中です。ついにやってきました!シーズンインでございます…

  4. 雪バカコラム

    雪バカ日記 (このブログについてと自己紹介)

    こんにちは。雪バカの田中でございます。まずは、簡単な自己紹介とこのブロ…

  5. 雪バカコラム

    いいシーズンにするために!スノーボードシーズンを考えてみる。

     ども田中です!やってきますね。スノーボードシーズンがー!ガッツリ…

  6. 雪バカコラム

    やっぱりスノーボード旅行は楽しいな!と言う小話。

    こんにちは田中です。冬です。スノーボードの季節でございます。そして、2…

コメント

    • ぽんすけ
    • 2018年 10月 22日

    こんにちは はじめまして
    ユニオンバインを調べていましたら田中さんのページが出てきまして読ませて頂きました
    田中さんがスノボーが大好きなのが伝わってきました
    ボーダーあるあるの「ビンディング」と「バインディング」の違いわかりやすかったです
    私はスキーヤーからボーダーに変更しました
    スキーヤーが「ビンディング」と使っているから「バイン」と呼んでるものだと思ってました
    ドイツ語とアメリカごとの違いだったとは・・・勉強になります
    私は1シーズン10回くらい行ってます
    今年で3シーズン目です
    田中さんが言ったましたように「アドバイスをくれる仲間と行く!」いいですよね

      • yukibakatanaka
      • 2018年 10月 23日

      >ぽんすけ様
      コメントありがとうございます!はじめまして。
      こんな、昔の記事まで読んでくださっていただきありがとうございます。上達できると楽しくなりますよね!スノーボード。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP