スノーボードのお宿

星のや 軽井沢に泊まってきたよ!

こんにちわ。田中です。今回はお宿のお話です。

ちょっと前に軽井沢のほしの屋さんに泊まってまいりました。今回は星のやという高級宿の宿泊記です。スノーボーダーの方にはちょっとリッチすぎる!と突っ込みのある話題かと思いますが。まぁまぁお付き合いください。

ほしの屋外観

星のや軽井沢について。

JR東日本新幹線軽井沢駅から車で約15分。人気観光地の軽井沢の中でも最近一番人気ともいえる中軽井沢にある星野エリアのお宿です。

新進気鋭の高級宿泊施設開発会社の星野リゾートの総本山でございます。

公式webはこちら。

http://hoshinoresort.com/resortsandhotels/hoshinoya/karuizawa.html

1人1泊の予算6万円というお値段。さらに2泊からの予約受付だそうです。ただ、実際には1泊でも予約はできるようです。ちなみにこのお値段はご飯抜きのお値段です。ホテルで晩御飯を取るならばまたお値段がかかるわけです。そんな状況にも関わらず週末の予約は非常にとりにくいう人気のお宿。またリピート率20%と言う驚異的な人気の高さを誇るそうです。運営しているのは星野リゾートという会社さんですが、こちらはアルツ磐梯などのスキー場も運営してらっしゃいます。

社長の星野さんも年間50日以上滑走するウィンタースポーツのファンだそうですね。最近ではトマムを中国企業に売ったり、喫煙者は採用しないと発言して賛否両論な話題になったりするビジネスパーソンでございます。

肝心のお宿でございますが、時計やテレビはなく滞在そのものを楽しんでほしいというコンセプトで、訪れる宿泊客を最大限のおもてなしをしてくれます。宿泊の部屋はヴィラタイプではないのですが水辺に1棟2~3室の宿泊棟がゆったりと並んでおります。滞在中は部屋だけでなく星野エリアの中でのフロント棟にあるラウンジや、宿泊者用の温泉を満喫することができます。

また、アクティビティが充実しているのも特徴で、いろいろな非日常体験ができます。ただ部屋でゴロゴロするだけではなく、ほどよい文化的な刺激を受けるのが心地よいです。ここからは個人的な意見なのですが、部屋の滞在だけではあまり宿泊分の価値がなく、周辺施設での散策やアクティビティをやって、宿泊価格相応と言う感じがします。アクティビティの中にはバックカントリープライベートツアーなども企画されています(ツアー代高いですけど)。興味のあるお金持ちの方はぜひチャレンジしてみてください。

付近のスキー場としては軽井沢プリンスになりますが、嬬恋・万座・草津国際は1時間位で到着できますね。他にはアサマ2000が35分ぐらいかなというところ。

ほしの屋洗面台

で、泊まってきた感想。
いやぁ、すごいですねぇ。さすがです。星野さん。ちょっと贅沢すぎる滞在でした。身分不相応とはまさにこのこと。

高いお金を出して滞在する価値は十分にございます。こちらさんはスノーボードと組み合わせればかなり充実した旅行になると思います。しかし、感じたのは部屋は宿泊料金と比較するとやや小ぶりと言った印象。こちらを単なるお宿と考えると少し物足りないかなと言う感じですかね。

もちろんお部屋も十分にゴージャスなんですが1泊6万円と考えると支払った額に対しては少し手狭な印象です。

星野屋の滞在は部屋の中だけを楽しむものではなくて、ほしの屋内のエリアの散策や特徴的な温泉のメディテイションバスやラウンジや食事棟があるフロント等などの環境を含めての滞在を考えると非常に満足のいく宿泊施設となります。

田中も非常に満足した滞在を過ごしたのですが、ちょっと気になるポイントもあったのでお伝えしておきます。まず、時計やテレビのない空間でゆっくりとした時間をお楽しみくださいと言うわりには、食事やアクティビティの時間は予約制で時間きっちりを求められるという点。結局、その辺は客入れてなんぼというお宿の姿勢が浮き出ているという印象を受けました。

あとは、徹底した顧客サービスが売りな割にはあまりスタッフの連携がとれていないと言う点でした。チェックインの際にアレルギー食材についての確認があったのですが、朝食でアレルギー食材が出てきたり「本日のこの後の滞在予定はお決まりですか?」と色々なスタッフから同じ質問をされたりしたのはちょっとめんどくさかったです。

両点とも普通のお宿での出来事であれば全然気にならない点なのですが、サービスもウリとされているだけに悪く目立ってしまった印象を受けました。そんな点が気になったわけですが、トータルで考えれば大のつくほどの満足ができました。星の屋さん。ありがとう。

 

ほしの屋食堂


快適に過ごすためのギミックがところどころにちりばめられています。
 前述したのですが、ほし野屋を単なる宿泊施設として考えてしまうと非常にもったいなく、そういう感じで泊まりに行くとあまり値段相応としては楽しめないのかなと思います。だとすると1泊4万円位で都内の外資系の高級ホテルに泊まった方が楽しいし、豪華な気分が味わえ結果として値段も安く上がります。

こちらのお宿はチェックインからチェックアウトまでのすべての体験を楽しむことに意義があります。特徴的なメディテンションスパでの入浴体験や、食事。そこまでの施設に行くまでの道のりの景色など、とにかく、お部屋とお部屋以外の部分すべてで快適で優雅な時間を過ごすことができます。

ルームサービスを頼んだのですが、ルームサービスの配膳のスタッフさんはしっかりとサービスをしてくれ、また下膳の際は複数人で手早く下膳をしてくれた上に、簡単な部屋の清掃と食後のハーブティーのサービスをしてくださいました。

とにかく、気が利いていて自分たちの想像を超えたサービスがあるといういうのは非常にうれしい事ですし感性が刺激されます。サービスへのウェイトが大きいのでしょうね。

また、食事もすごくおいしかったです。嘉助というダイニングとルームサービスで食事をとりました。本格的な和食ってとてもおいしいんですねぇ。

このクラスになると「○○産の○○を使っています」なんていうゴタクは必要ないようです。そのおかげもあって、食事に変な先入観を持つことなく素直においしくいただくことができました。

階段の手摺や水辺の風景、部屋の設備のこだわりなど本当に顧客を感動させようとお宿を作っているのが伝わって来ます。もし、滞在される場合はぜひそんな細かいところまで行き届いたお宿の隅々まで味わって頂くとよいと思います。

ほしの屋の庭

サラリーマン。星のや軽井沢に泊まる。
だいたいの日本の有名宿ランキングのトップ10には必ず入る星のや軽井沢さん。

1泊6万円でございます。宿泊価格が高いにもかかわらず予約はいつもいっぱい。そんなほしの屋さんに泊まってまいりました。

正直、田中にとっても最初は目玉がぶっ飛ぶお値段でした。6万円あったら板が買えるわ!とも思いましたが、思い切って突撃したわけです。

なぜなら夏休みもキャンプ、シルバーウィークも日帰り登山だけと、あまりバケーションをしなかった田中です。田中を許してください。

こういうお宿に泊まる人ってお金持ちと言うイメージがあります。特に日本ではお金持ちのイメージ=60歳以上の人といった概念がありまして、星のやさんにも何となくお金持ちの老夫婦が贅沢で泊まる場所と言うイメージがついています。

しかし、実際の所はそうでもないようです。実はこの星のやさんはターゲットは30代~40代の海外旅行好きだそうなんですね。つまり、特段に富裕層がターゲットではなく私のような庶民の30代・40代がターゲットなのです。「グアムとか行くならうちにそのお金使ってよ!その分海外旅行に匹敵するおもてなしをするから!」星のやさんはそう言っている気がします。

確かに急な階段が多かったり、部屋外の施設まではそこそこ歩きますし、送迎があると言えどもいちいち呼び出して小間使いをさせると言うのもあまり日本人気質にはあっていないともいます。正直、老夫婦には向いていないと思いましたわ。その他、宿泊者専用の大浴場「メディテイションスパ」は私の親世代の方は全くの面白みがない浴場だと思います。

そういったところから感受性が豊かな30代・40代の人が泊まる方が満足出来るお宿なのかなと思います。 田中もアクティビティや素敵な建築など文化的な刺激も多いので若ければ若いほど滞在に適しているのかも。と思いました。

1泊1人6万。そんな旅行ってどうなの?

また、このお宿は2泊からの予約で優雅な時間を過ごしてほしいという明確なコンセプトがあるようですが、まさしくその通りで日中の時間もお宿で過ごす価値のある素敵なところです。

東京からの交通費を考慮すると2泊3日で一人15万円の旅行となる形です。2人で行ったら30万円の旅となります。まさしく海外旅行行けるお値段。しかし、星のやさんは、この値段を出す価値は十分にあるお宿でございます。

また、星のやさんの宿泊料はシーズンの値段の変動がありません。この辺は大きなポイントです。一般的なお盆休みやお正月休みに海外旅行に行こうとなると料金が跳ね上がる上に道中も激混みとなります。ですが、こちらのほしの屋さんはトップシーズンでも料金変動はありません。ありがたいです。

また、新幹線の指定席さえ確保できればアクセスもいいし都内からですと東京駅から1時間ちょっとでアクセスできますので、非常に有効に時間がつかえます。そんな理由から、星のやさんに滞在するならば正月やお盆休みがにねらい目ですね。(ものすごーく、予約がとりずらいですが。)総合的に考えて、海外旅行に行く感覚で利用すれば一般のサラリーマンでも手が出なくはないなと言う感想です。

それから、星のやさんは一人での予約も歓迎してくださいます。ここもポイント高いですね。新幹線での一人旅なんて最高にいいでしょうね。色々な部分で複数人で旅行に行くより割高になってしまう一人旅。こちらではそんなデメリットを受けなくてすみそうです。田中いつかは一人旅でも使ってみたいお宿です。

そんなこんなで、今回はスノーボードのお話からは少し離れてしまいました。スノーボード旅行でも十分に使えるお宿ですので、予算とご都合が合うならばぜひ使ってみてください。いいお宿でございました。

 

人気ブログランキング
N0,147

関連記事

  1. スノーボードのお宿

    あれ!ここ来たことあるかも?長野県野沢温泉「welcomeブリック 民宿内田屋」に泊まりました。

    どもども!田中でございます!すっかり春でございますミッド春!田中はこの…

  2. スノーボードのお宿

    アンダー¥4,000!長野駅徒歩3分のおしゃれドミトリー「Mash Cafe&Bed Na…

    ども、雪バカ田中です!いやー暑くなってきましたね。今年はなんだか暑くな…

  3. スノーボードのお宿

    白馬村の貸別荘グリーンバレー白馬に泊まってみたよ。

    ども!田中です。冬将軍きましたね!先日、hakuba47と白馬…

  4. スノーボードのお宿

    白馬八方尾根近くの貸コテージ、白馬ヴィラモノクロームに泊まりました。

    どもども!お疲れ様です!新年度のサラリーマン田中でございます!フレッシ…

  5. スノーボードのお宿

    スノーボード旅行で素敵なお宿「里山十帖」に泊まってきました。

    どうも田中です。世の中はクリスマスムードですね!先週は湯沢エリ…

  6. スノーボードのお宿

    妙高トリップでグリーンベル妙高に泊まったよ!

    ども!田中です!2014年のシーズンいかがお過ごしでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP