移動・交通手段

冬のカー用品といえばコレ!スキー・スノーボードキャリアの選び方。

こんにちは、田中です!

今回はカー用品のキャリアについてのお話です。車のお持ちの人は買うっている人も多いのではないでしょうかねキャリア。田中も2年前に女の子2人と男2人のスノーボード旅行が決まった時に、田中の乗用車では板を積むと4人乗れないということがわかりまして焦って購入した記憶があります。あった方がなにかと便利なスノーボードキャリア。

今回はそんなスノーボード積載グッズであるキャリアのまとめとこれから購入を考えている方へのちょっとしたポイントを伝授いたします。

キャリアはいつ買う方がいいの?

基本的にカー用品は大きな値引きがあるわけではありませんので、時期を選ぶ必要はないと思います。しいて言えば、ウィーンタースポーツシーズンイン前に購入を検討するのがいいのではないでしょうか。市場にある在庫も豊富ですし、取り付けまでも余裕があります。

また、ルーフボックスの方はアウトドア需要もあるために通年で販売されていますが、スノーボードの積載専用のスノーボードキャリアはシーズンオフになると店頭から姿を消すことが多いようです。

キャリアのブランドは3つだけ。

キャリアを作っている大きなメーカーは3つだけです。街ゆく車のキャリアは大体この3つのどれかのブランドです。Inno(イノー) terzo(テルッツォ) THULE(スーリー) どれも展開している製品は似ている感じです。この中では国産のInnoがお値ごろ価格かなという感じですかね。スーリーは海外でスーリーは高級品のイメージです。それにしても、どのメーカーも読みにくい。

どれのメーカーを買っても問題ないと思いますが、メーカー間のパーツの互換性は合ったりなかったりです。ちなみにInnoを製造販売しているのはカーメイトという会社ですが、こちら実はバインディングブランドのFLUXも手掛けていたりします。

キャリア売り場

どのタイプを買おうか、メリットとデメリット

キャリアには2タイプあります。箱状のルーフボックスタイプとクリップ型のスノーボードキャリアタイプ。ルーフボックスタイプを搭載するためには、ルーフレール(ベースキャリア)といわれるレールを設置してそのレールにボックス取り付け作業を行います。また、レールのみを設置して、オプションとしてキャリアを設置するという手もあります。

どちらも、キャリアやレールを買えばそれだけで設置できるわけではなく、車種ごとに専用の金具フックやパーツを購入する必要がありますので、キャリアやルーフレールとは別に¥3,000~¥5,000ぐらい(工賃別)の予算が必要となってきます。

田中はどちらのタイプも使用したことがありますが、どちらも板を運ぶという点では一緒です。どちらもメリットとデメリットがありますので、以下を参考にしていただければ幸いです。

・ルーフボックスタイプ

箱型の積載道具です。実勢設置価格3~15万。スノーボード1~6枚積載可能

スノーボードキャリアと比較すると割高なモデル。ベースとなるルーフレールというレールを設置し、その上にボックスを設置します。ルーフレールも購入する必要があるので余計に値段がかかります。ボックス自体も値が張るのがデメリット。ルーフレールの相場は2万円~3万円。です。

メリットとしては、板以外のものも詰めるという点。空いたスペースにブーツやウェアなども車外に詰めますので車内スペースが有意義に使えます。この点は車中泊するときに便利だったりします。あと、基本的にはボックスなのでいろんなもの積めますので、ボード旅行以外にも使えます。たとえば、ベビーカーやアウトドア用品など。いろいろな用途に使用できます。

3年以上安定的にスノーボード旅に出るし、冬季以外もいろいろ車で出かけるよっていう方にはいいのではないでしょうか。ベースとなるルーフレール(ベースキャリア)にもいろいろなタイプが出てきました。昔ながらの四角い形のレールのほか、平内麺形状のエアロタイプ、一部の車が対応フィックスポイントという規格品など、種類があります。

・スノーボードキャリアタイプ

正式には、(スキー)スノーボードルーフキャリアですね。クリップ型の積載用具で車の上に挟んで運べるタイプです。実勢設置価格1.5~4万。スノーボード1~4枚搭載可能。

メリットはルーフボックスと比較するとルーフレールを設置しなくてよく、キャリア事態もも安いのでので結果的に安くすむという点。車の社外には板しか積むことができませんが、板を車上につめれば車中は広く使えます。スタッドレスタイヤやチェーン、スタック対策用品といろいろとお金がかかるスノーボード旅行関連グッズですので少しでも費用を抑えたい方にオススメです。

スノーボードを初めてからキャリアを買おうかなーという場合にはスノーボードキャリアタイプがオススメです。写真はInnoのスノーボード部のクリップが昇降するタイプのものなのですが、田中的にはこれがおすすめです。Innoのこれは他社の同タイプのものより安いというメリットと、昇降しないタイプのものは背丈が高くてかっこ悪いのでルーフキャリアを選ぶ場合はこのタイプがいいかなと思います。

デメリットは、板しか運べないので夏場につけていると非常にダサいという点。あとは、むき出し状態で板を運ぶのでほこりや排気ガスで板が汚れます。スノーボードキャリアを買ってもなんだかんだでルーフボックスが欲しくなってしまうのがデメリット(笑)

どこで買おう?どこで設置しよう?

キャリアは基本的に簡単な工具さえあれば自分で取り付けることができます。30分ぐらいあれば自分で車に搭載することが可能ですので、工賃がかからず簡単にできます。ですので、メーカーのWEBサイトで射手の適合を確認してネット販売で購入してもOK。2年前に田中も取り付け作業を初めて行いましたが、難なくつけることができました。メーカーの適合表を見て、ネット販売でキャリアを購入し説明書を読みながら晴れた日に駐車場で取り付け作業をすれば、30分程度で済みます。

ただ、搭載して高速道路を走っている時に外れてしまうと大事故につながるものですので、設置に不安がある方はカー用品店などで買って取り付けまでしてもらうといいと思います。(購入時にお願いすれば無料・もしくは割安で取り付けてくれます。)

自己責任となってしまいますが、キャリア搭載は自分でできる作業ですので田中はこちらをお勧めします。一度慣れてしまえば、取り外し取り付けも簡単にできるようになります。

現状ではネット販売でもカー用品店でも販売価格は同等です。自分に都合のいいほうを選べば問題ないと思います。また、買ったキャリアをもっていってディーラーや整備屋さんにつけてもらうという手もありますが、工賃を取られます。工賃は¥1,000~¥3,000といったところでしょうか。

キャリアを選ぶ際の注意点と、設置してからのこと。

割安で簡素なキャリアは設置した時に身長が高くなってまう傾向にあります。キャリアを高く設置した車はバランスが崩れ、すごくカッコ悪くなってしまいます。また、ワンボックス・SUV系の車にボックスを設置する場合も高さに注意してください。立体駐車場に入庫できなくなります。

それから、キャリアがしっかりと設置されているかは必ず確認してください。重いスノーボードを何枚も載せて100km以上で走行した時の風圧は大きく、キャリアには大きな負担がかかります。高速道路で外れてしまうと大事故につながります。そうなった場合は、その日にスノーボードができなくなってしまいますし、車も傷ついてしまいます。かなりの金銭的精神的ダメージを覆います。

寒冷地に行くスノーボード旅行では金属部分のゆるみが出やすいので、定期的にキャリアをもって車体を揺すってみてキャリアの設置に不安がないかを確認しておきましょう。また、ずれている感じがしたらきちんとナットを締めなおす必要がありますので簡単な取り付け工具を車に積んでおくことが必要です。

というわけで、今回はスノーボードキャリアのまとめをお話させていただきました。それではみなさま、よいスノーボードシーズンをお過ごしください!

関連エントリ:

更新履歴:
2014/11/26 文章を修正いたしました。
2015/7/25 文章を修正いたしました。
2016/8/4  文章を修正しリンクを変更しました。
2019/9/19 文章を修正しリンクを修正しました。

No,48

関連記事

  1. 移動・交通手段

    フィックスポイント式のベースキャリアを自分でつけてみました!

    ども!田中です。スノーボードシーズンもそこに来ている感じがしますね!…

  2. 移動・交通手段

    新幹線スノボ旅行に新しい選択肢か!?「JRダイナミックレールパック」のお話。

    どうも田中です!11月が近づいてきてちょっとシーズンのことを考え始めた…

  3. 移動・交通手段

    スノーボード旅行でのタイヤチェーンについてのまとめ

     ども!田中でございます。雪旅も何十回と重ねればいろいろなトラブル…

  4. 移動・交通手段

    車でのボード旅には持って行け!身近な便利グッズ5点。

    車でのスノーボード旅行は楽しいですよね。渋滞にハマって疲れることもあり…

  5. 移動・交通手段

    スノーボード旅行で関越が通行止めになった過去の経験談。

    こんにちは田中です。9月になりました!すずしい日々が続きます。本日、田…

  6. 移動・交通手段

    スノボ帰りの下回り洗車。サービスエリアのスプレー洗車機が使える!

    どうも田中です!皆様いかがお過ごしですか?このブログを始めて早いもので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP