スノーボードのスキー場

ザッツ玄人向け!群馬県みなかみ町 ホワイトバレースキー場に行ってきました!

みなさん、今シーズンはパウダー滑りましたかー?実は田中はまだ滑ってなかったんですよー。やっぱりパウダーを滑りたい!というわけで、1月の1週目の週末はパウダーどころとして、ちょっと名所的な存在であるホワイトバレースキー場にお邪魔してきました。

今日はそんなスキー場で滑ったお話です。

ホワイトバレースキー場について

https://www.whitevalley.jp/
どんなスキー場かといえば、アクセスがよく小ぶりながら特徴があるワイルドなスキー場です。このスキー場の魅力は非圧雪エリアが豊富ということで、とんがりボードを持ったその筋の方には、スポット的になっている場所です。

アクセスは関越道、水上ICから7km15分。水上の日帰り温泉で有名な湯テルメ谷川の近くにあります。みなかみ町を走るメインの道は、道路からは雪を解かすために水がチューチュー出ているのでそんなに不安はありません。スキー場へ峠道はありませんが、ラスト1kmは狭くてちょこっと急な道を通ります。

リフト券はセンターハウスで購入。大人1日券¥4,200。半日券に相当するサンライズ・サンセット券というものも存在します。駐車場代は週末祝日¥1,000。センターハウスでドリンク2杯無料券が付いてきます。あと、センターハウスにはめちゃくちゃな美人がいらっしゃいましたので、その辺もチェックポイント。(2018年1月現在の情報です)

ちなみに田中がこのスキー場を知ったのは去年です。口コミってすごいっすよねぇ。田中がお邪魔した時には、前日までも降雪がほとんどなく風も強めでパウダーを狙えるような環境ではなかったのですが、それでもその筋の方が食べ残した残パウがあるかもしれぬとお邪魔してみました。雪バカの執念です。

初心者殺しの玄人向けスキー場!

スキー場は大概するとリフトは2本。上下の2部構成。下部にある緩やかで短いコースと、上部の面で滑れるエリアにリフトがかかっています。上部のリフトには乗車のみの中間駅があります。その他にバイパス的に上部から下部へつながるファイティングと呼ばれるコースが通っています。

上部のエリアとバイパス的に流れるファイティングはかなり急な斜面で、圧雪面部分もせまいのでスノボード初心者・初級者が行ってもかなり厳しいと思います。ゆえに初心者様は下部の短いコースを1本回すだけになります。めちゃくちゃ初心者殺しのスキー場といえると思います。やはり穴場は穴場たるゆえんがあるんですよね。

ホワイトバレースキー場は風の影響を受けやすい立地かと思います。お邪魔した時はそれなりに強い風が吹いていたんですけれど、風の影響で固くなった面と、吹きあがった軽い雪がたまる面がはっきり分かれていました。

そしてファイティングというバイパス的なコースへ出るための連絡部分はえぐいほどの片斜なのでご注意ください。けれどその連絡コースを抜けた後にはいい感じの吹き溜まりがありましたよー。個人的には超好きな感じだけど、恐怖感はぬぐえません。スノーボードでズリッといくと、その後が厳しくなるヤツ。

プレミアムなパウダーはなかったけれど、何とかね!

田中がお邪魔した日は、その数日前から降雪がなくて前日にちょろっと降って朝までに5~10cm積もったぐらいの環境でした。あまり新雪遊びが期待できない日でしたが、どうしてもパウダー遊びがしたかったのでお邪魔してきたわけですが、なんとか執念で風で雪がたまったゾーンや端パウを探しながら滑り、朝イチから3時間ぐらいは何とかパウダー遊びを楽しむことができました!今シーズン初のパウダーちゃん!おごっそです!

ただね、この上部エリアとバイパスコースの残パウが食べつくされちゃったあとは、正直言ってあまり魅力がないという感じでした。風の影響を受けて上部のエリアはカチカチのボコボコになっておられてたので、右太ももを酷使するだけのライディングでした。パウダーが売り切れちゃった後は、なかなか厳しめの感じ。

こうなっちゃうとこのスキー場には遊び場がないんすよねぇ。無骨なスキー場だけにワイドな圧雪斜面やパークとかはないので、うーんといった感じです。出張の夜にコンビニに寄って買った缶チューハイを一口だけ口つけて寝ちゃうあの感じ。「オレ、まだやれるんだけど!いやー、やっぱりやれなかったー」という感。

平日に風邪をひいて滑りに来たいスキー場です!

総評するならば、やっぱりこちらのウリは上部エリアの非圧雪ですね!しかも、ここがパウダー滑りにはちょうどいい斜度。そして、面で滑れるから自分のラインが描き放題!これは好きな人はたまらないんじゃないですかねぇ!さらに、そこを上部リフトの中間駅を使ってグリグリ回せるのが最大の魅力。この効率性は他のスキー場にはない魅力です。

しかも首都圏からはアクセス超いいしね。ぜひとも当たる日に行ってパウダー滑って、リフトの上で自分の描いたラインを見てニヤニヤしちゃってください!

田中が行ったパウダーが見込めない週末でも、首都圏からアクセスがいいだけにそれなりに人が来ていました。当たった週末はなかなか激戦になるんじゃないかと予想します。やっぱり、面で滑るならば人に遠慮したくないですもんね。なので、ここに来るならば平日が良いと思います。このスキー場は降った日の平日朝は最高なんじゃないでしょうかねと妄想が膨らんでしまいます。

この日は当たるぞー!ってな前日に職場でゴホゴホしだして早帰りし、翌朝は駐車場で会社に電話して「すみません…。今日は体調が悪くてお休みいただきます…。」なーんて、そこまでやってまでも遊びに来たい場所であります。他にはない魅力があります。ただね、当たった平日ならば、ほかの一般的なスキー場でも当たりなんじゃないかという意見も否定できないよね…。例えば舞子の奥添地とかさ。

上部エリアの半ボウル状地形は午前中は日が当たりにくく、景色的に雪面が白飛びしやすくて雪面の起伏がとらえにくいので、地形がわかりやすい色のゴーグルを持ってくるといいと思います。

というわけで、群馬県みなかみ町のホワイトバレースキー場に行ってきたお話でした!引き続き、良いシーズンをお過ごしください!執念のスノーボーダー雪バカ田中でした。

と、ここで一本告知でございます。

話は変わりますが、ANA STOREというANAのマイルがショッピングサイトにて、「飛飛行機に乗って行こう!今年こそ思いっきり楽しむスキー・スノーボードエリアはココ!」という記事を書かせていただきまして、2018年1月15日に公開になりました。よろしかったら、読んでいただけると幸いです。

スノーボード好きに共通することである、「スノーボード旅行は計画段階から楽しいよね」というメッセージを込めてみました。飛行機でスノーボードに行ったことない人にも、飛行機を使った旅行が気軽であることが少しでも伝わったらうれしいです。

雪バカが行った飛行機スノボ旅行からのリアル体験からのお話ですから、雪バカ日誌を以前から読んでいる人ならば「おまえショボくれたリーマンのくせに、なに旅人気取ってんの」というツッコミはあるかと思いますが、それはtwitterのメンションなどでせずに当ブログへお願いします。

関連エントリ:

NO,320

関連記事

  1. スノーボードのスキー場

    あぁ噂通り。野麦峠スキー場に行ってきました!

    こんにちは!田中でございます。皆様、冬のシーズンいかがお過ごしでしょう…

  2. スノーボードのスキー場

    シーズンイン前の足慣らしに。狭山スキー場はいかがでしょうか。

    こんにちは田中です。全国の雪バカたちはそろそろ活動を始める時期…

  3. スノーボードのスキー場

    ここはおすすめ!念願のシャルマン火打スキー場に行ってきましたわ!

    どうも田中です!残念ながら、週末は日本列島を暖気が襲い全国的に暖かく雨…

  4. スノーボードのスキー場

    もはや伝統!新潟県湯沢エリア 石打丸山スキー場で滑ってきました。

    どうも!雪バカ田中でございます。ようやく今年が平成30年だというのに慣…

  5. スノーボードのスキー場

    上越国際スキー場に行ってきました。

    こんにちは田中です。いよいよ年の瀬ですね!タイトルの通り、今回は上越国…

  6. スノーボードのスキー場

    大変お世話になりました!群馬県片品村武尊牧場スキー場に行ってきました。

    こんにちは田中でございます。最近は自分が住んでいる場所より上信越の天気…

コメント

    • がはく
    • 2018年 1月 16日

    水上どうでしょうリターズですね。
    同じ群馬でもシャレおつ気取りな沼田エリアより、コクが際立つ水上エリアな感じですかね。
    自分も前に訪れたときは、やはりパウダー「旬に当たらず残念な印象でした。

    ANAのコラム読みましたよ。
    旅の最中はもちろん、行く前、行った後も心踊りますね。
    次は、五ヶ瀬ハイランド旅行記で「翼の王国」に載ってくださいな!

      • yukibakatanaka
      • 2018年 1月 16日

      >がはく様
      水上どうでしょうです!前回の宝台樹のタイトルの意をくんでくれて嬉しいです 笑
      たしかに、沼田と比べると水上は素朴感ありますよね。あの寂れた温泉旅館の街並みがそうさせるのでしょうかー。コクがある!

      ANAstore様の記事、読んでくださってありがとうございます。翼の王国ね!あれのお弁当のヤツ面白いっすよね

    •  お台場ゴロー
    • 2018年 1月 17日

    雪バカ 田中さま

    あけましておめでとうございます。お台場ゴローです。お仕事忙しそうですね。お身体のぐあいはどうですか?体調に気をつけてスノボ楽しんでくださいね、毎日日記の更新を楽しみにしておりますので。

    私は年明けの週末3連休に20年ぶりにニセコへ行っていきました。休めることがわかったのがちょうど大晦日だったので、翌朝元旦までの仕事の合間、夜間に宿、飛行機を手配し、その勢いで夜中に屋内の旅行代理店から海外ツアーのパンフレットもゲットしてしまいました。もちろん抜かりなく元旦は朝から仕事しましたよ(笑)ブラック企業とよばれる職場ゆえ仕事量こそ減ることはありませんが、今年も田中さんに負けないようSNOWモチベーション、高く高く頑張って行きたいと思います。今年もよろしくお願いいたします。

    PS:何かおもしろそうな雪山ツアー企画されましたら誘ってくださいまし。

      • yukibakatanaka
      • 2018年 1月 18日

      >お台場ゴロー様
      あけましておめでとうございます!熱いコメントありがとうございます。大晦日予約の1月三連休ニセコって、相当たかそう!

      私、掃いて捨てるほどいる、会社カースト低めのサラリーマンなんで、残念ながらツアーは企画できかねます。もしご連絡いただければ、次に行くスキー場はお伝えできますので一緒に滑りましょう!

  1.  こんにちは。horihです。
     ホワイトバレー、自分は行ったことがないです。パウダージャンキーにはよさそうですね。私はパウダージャンキーというほどではありませんが、パウダー好きなので行ってみたいです。

     「飛行機に乗って行こう 今年こそ思いっきり楽しむスキー・スノーボードエリアはココ!」を拝見させていただきました。
     首都圏から飛行機で行けるスキー場、結構あるんですね。自分も北海道というイメージがありました。鳥取にも行けるなんてびっくりです。実際に田中さんは行ったんですよね!? すごいです。

     いつも本当にためになる情報ありがとうございます。これからも楽しみに拝読させていただきます。

      • yukibakatanaka
      • 2018年 1月 18日

      >horih様
      コメントありがとうございます。
      ホワイトバレーさんはなかなか個性的なので、ご注意されたしです。

      申し訳ないのですが、大山へは実際には足を踏み入れておりません。実は昨年、宿や航空券を予約していて準備をしていたのですが、同行者の都合でバラシになってしまった経緯があります。(それの振替で旭岳行ったんですけどね)しかしながら、大山までの道のりなどは確認済みで東京から1泊2日で実際に行くことはできますよ。来年はあたりリベンジしたいです。

    • りな
    • 2018年 1月 18日

    ホワイトバレーいいですねー!
    ここ数年プレミアムパウダーデーと私のお休みが合わずに全然行けてません(^^;
    暖冬の一昨年は、今年の早割は来年も使っていいよ!ってしてくれた心意気がステキなゲレンデです♪
    平日風邪引きたいし、プレミアムな日も午前中でギッタギタになり完売しちゃうので、午前券で十分です(笑)

    田中さんのご活躍凄いですね!素晴らしいっ☆
    あんまり売れっ子になると滑る時間無くなっちゃいますよ(笑)

      • yukibakatanaka
      • 2018年 1月 18日

      >りな様
      コメントありがとうございます。
      あらま、ホワイトバレーさんの御愛好家ですか!そんなやり取りがあったんですね。心意気が素敵!

      活躍なんて、とんでもないです。私は、単なるしょっぱいサラリーマンでございますので。その辺の立ち位置は絶対に間違えてはなりません。今回は偶然オファー頂いただけです。ありがたいことです。

    • 都内在住30代後半男
    • 2018年 1月 18日

    カウンターで、軽く右足寄りに重心置きつつ左膝少し曲げて立ってる女性二人組のショットいいですね。
    雪質とか天候とかよりも、こういうハートウォーミングなシチュエーションに遭遇できるかどうかで満足度がだいぶ変わってきます。

      • yukibakatanaka
      • 2018年 1月 18日

      >都内在住30代後半男様
      コメントありがとうございます。この写真いいですよね!自分も好きです。バスツアーのパンフなんかに出て来そう!なんて勝手に思っています。
      自分は写真にこだわりとかはなく、プレゼン素材としか思っていないのですが、たま〜にこういうのが撮れると嬉しいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP