メディア

「THE 信州」を定期購読してリフト券をいただいたお話。

どうも!田中です。先日は、ネタ切れだと騒いだら、いろいろな人がネタになりそうなご意見をお寄せ下さいました。本当にありがたいことでございます。皆様からの愛を感じ、涙が出そうになりました。

さてさて、本州でも山間部では雪が降り始め、なんだかそわそわしちゃっている今日このごろです。皆様いかがお過ごしでしょうか。今週末に滑りに行くなんて羨ましい方もいらっしゃいそうですね。今回は、長野に滑りに行く人が使えるちょっとしたお得ワザを教えてもらって実践したお話です。

「THE 信州」について。

http://www.the-shinshu.com/
3カ月に一回発行される、タブロイド版の長野県のPR誌です。誌面自体は無料で、長野県内の観光スポットのほか、県外でも長野料理の居酒屋やアウトドアショップなどで手に入れることができるようです。四季折々の長野県の観光情報が掲載されています。長野県内の各市町村のおすすめスポットやお土産にできそうな旬の特産品の情報が掲載されています。

各市町村からのPR情報なので「るるぶ」や「まっぷる」と違って、地元目線のコアな情報が多いのが特徴です。
今回の冬号には、各種スキー場のトピックなどが載っていました。もともと、長野県は観光資源は豊富で山好きな人には天国のような場所ですからね、そんな長野県の観光情報盛りだくさんの誌面は読んでいて楽しいですよ。雪バカ日誌の新しいネタになりそうな場所もいろいろ見つかりました。ありがとう!THE信州よ。

ちなみに、THE信州は現在読者モデルを募集しているようです。25歳までの女性という事ではありますが、取材に関する交通費などは負担と書いてあります。該当する方、ぜひともチャレンジしてはいかがでしょうか!?グループでの応募もOKという事ですよ!35歳、ふっくら気味の男性モデルでもよければ、一肌脱ぎたいところでしたが残念です。

定期購読がアツいらしい!

そんなPRペーパーが無料なのもありがたいのはもちろんなのですが、スノーボーダーにとってありがたいのは定期購読です。このTHE信州は定期購読者への御礼として、長野県内の観光施設の利用券や割引券が同封されるという事です。

そしてなんともありがたいことに冬号の定期購読読者にはスキー場のリフト券まで同封されることがあるそうです!このリフト券などの各種施設利用券は、ランダムで発送なのでこちらからはリクエストできませんし、先方のご厚意の部分です。あくまで、誌面の定期購読を目的に申し込んだ方でいただくのが良いと思います。
※ 田中は2017年11月中旬の申し込みで冬号をもらえましたが、現在申し込みをして冬号がもらえるかはわかりません。

この情報は10月ごろにteitterで人気アカウントの「スキー場情報局(@skiinfomation)」さんが話題にしていたのをきっかけに知りました。この定期購読の申し込みには郵便為替を用意する必要があるので、めんどくさくて放置しておりましたところ、雪バカ日誌の読者の菓子さんという方がこれお得なんでやったほうがいいですよと、わざわざメールで教えてくださいました。というわけで、菓子さんのプッシュもあり定期購読を申し込んでみることにしました。スキー場情報局さん、菓子さんありがとうございました!

菓子様は同様に「信州スノーキッズ倶楽部」もオススメだとおっしゃっていました。子持ちスノーボーダーで興味のある方はぜひともご参照ください。

というわけで、THE信州を定期購読申し込みをしてみたよ!

実際に定期購読の申し込みを行ってみました。申し込み方法は、定期購読の送り先を書いた紙を用意して、送料負担分として¥1,000分の郵便為替を同封して編集部へ郵送します。この郵便為替というのは郵便局で扱っている為替で、郵便局の窓口に行けば簡単に手に入ります。為替手数料として¥100かかります。そのほか、定期購読の申し込みが郵送なので¥82の切手がいりますので、実際には¥1,182かかる形になります。

この郵便局の窓口に行くというのが、サラリーマンにとってはかなりめんどくさいイベントなので、当初は申し込みを見送ったのですが、読者様からがわざわざメールで教えてくれたということで、やってみることにしました。こういうリアル口コミって本当にパワーがありますよね。人を動かす力です。

そして「THE 信州」が届いたよ!

申し込みから1週間ぐらいでTHE 信州が届きましたよ!「はえー!もう来ましたわ!」という感想。仕事が早いぞ!THE信州。そして、定期購読の特典の割引券や施設利用券も同封されていました。いえーい!

THE信州への協賛スキー場やホテルのパンフと一緒に、冬号の定期購読特典でスキー場の利用券や温泉の利用券が入っていました!こちらはぜひとも活用させていただきます。自分にとっては金券同様ですわー!そして「かむカムこんにゃく」というお菓子まで入ってるー!この時点で購読申込にかかった費用よりもだいぶ得してる感があります。かむカムこんにゃく、うまかったです。そして、ふっくら系男子にはやさしいローカロリー。

そしてなにより、THE信州も読み物としてそこそこ面白かったので、やってよかったと思ってます。雪バカ田中は来年も定期購読を継続したいと思います。残念ですが、現在時点で申し込むと冬号が手に入るかはわかりませんし、同様に冬号の定期購読特典を手に入れるかはわかりません。2017年以降もこの定期購読の特典が続くのかはわかりませんが、気になる方は問い合わせたり情報をチェックしてみるといいと思います。

今回は長野県のPR誌を読んで、リフト券までもらえちゃったお話でした。

やっぱり、雪バカ日誌はこうでなくっちゃね!台風の中がんばって神田スポーツ祭でガラポンに執念を燃やすより、いささかスマートかと思いますぞ。フフフ。

というわけで、良いシーズンをお過ごしください!雪バカ田中でした。
THE信州の情報を上げてくださったスキー場情報局様、実際にやってみて感想をメールでくださった菓子様、本当にありがとうございました。

関連エントリ:

no,311

関連記事

  1. メディア

    小学館「入門講座 2万5000分の1地図の読み方」を読んでみた。

    どうもどうも田中です。ついに長袖を着る時期になってまいりました。…

  2. メディア

    スノーボードDVD「カー団地9“DRIVES”」の試写会に行ってきたよー!

    こんにちは田中です。雪バカ日誌のエントリも130近くなってまいりました…

  3. メディア

    ソチ五輪スノーボードテレビ放送予定まとめ!

    はじめまして!ども!田中です。ソチ五輪開幕もあとわ…

  4. メディア

    エイ出版「雪山の基本」を読んでみました。

    こんにちわ。田中です。もうすぐ夏休みシーズンでございます。夏休みの予定…

  5. メディア

    BURTON RAIL DAYS 2014 観戦ガイド!

    どうも、田中です。気づけばFREERUNの10月号が発売になってました…

  6. メディア

    東野圭吾「恋のゴンドラ」と「雪煙チェイス」が発売だとオレの中で騒ぎに

    こんにちは!田中です。先日雑誌「snow boarder」の201…

コメント

    • 都内在住30代後半男
    • 2017年 11月 30日

    初滑りでカグラ行ってきました。ほぼ全面滑走ってことで気合いが入り、精神が肉体を超越した状態でノンストップで滑りまくったわけですが、その反動で腰から下の全ての筋肉が痛いです。初滑りから全面滑走は体に悪いですね。
    長野いいですよね。現在東京に集中してる様々な首都機能を、全部長野県のどこかに集中させてくれないかなとマジで思いますね。そうしたら我が家は軽井沢あたりに居を構えて、白馬や妙高あたりを日帰りで滑りまくりたいです。

      • yukibakatanaka
      • 2017年 12月 01日

      >都内在住30代後半男様
      コメントありがとうございます!初滑りお疲れ様でした。今年はかぐらが全面オープンということで、すごいですね!田中は2日に八千穂高原に行くのがキックオフです!

      首都機能移転、賛成です!もう、通勤ラッシュとか、近所のジジババクレームで保育園が作れないとか、外からみたらアホらしいこと多いですもんね。自分は富士見パノラマのある長野県富士見町や山梨県北杜市の雰囲気が好きなのであの辺がいいなぁ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP