旅日記

夏の湯の丸山を登山してきましたよ。

こんにちは田中です。シルバーウィークは皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
田中はとんでもない渋滞に巻き込まれ、ケータイを紛失し、交通違反を取られと不運すぎることの連発でした。だいたい、給料日前に大型連休もらってもお金がないってもんですわ。夏のボーナスも残ってないし!そんな田中は、BCの下見を兼ねて湯の丸山の登山をしてきました。登山はいいですね!だってリフト券代がかからないもの。

湯ノ丸山山頂

湯の丸山について。
オープン時期が早く、足慣らしに最適&地味にパークが充実していていて空いているでおなじみの湯の丸スキー場があるお山ですね。湯の丸山のスキー場のメインゲレンデあるお山の対面側のお山でございます。一応、湯の丸山の斜面にも地蔵峠リフトというリフトがかかっていてて1面だけゲレンデがございます。そのゲレンデの上方部が湯の丸山頂となるわけですね。
湯の丸山は長野県東御市にございますが、お隣の群馬県との県境にございます。スキー場ふもとの地蔵峠を過ぎれば群馬県の鹿沢ですね。小諸ICからは20分ほど登ったところにございます。
スタート地点の地蔵峠登山口はスキー場にあります。ここからリフトトップに行き奥に進んだ湯の丸山登山口を目指します。トイレや準備関係はスキー場の駐車場をそのまま使えるので便利でございます。

湯の丸山に行こうと思ったキッカケ。
バックカントリー入門書の山と渓谷社の「バックカントリースキー&スノーボード」という本のルートガイドに入門者向けの山として紹介されておりました。また湯の丸スキー場には何度も行ったこともあるので親近感があるというのもあります。
ルートガイドを見てみると、リフトトップからはだいたい西向き(やや北よりに)に一直線に歩けば山頂につくわかりやすい登頂という事と、山頂までそれほど時間をかけずに上ることができるとわかります。これは下見をした上で天候などの条件がそろえば、入門者の田中でも行けるんじゃないかと思ったのです。
ヤマケイの入門書によるとBCのルートとしては山頂まで1時間30分ほぼ直線の往路。復路は滑走して帰りに少しハイクしてゲレンデに復帰するのに1時間という事です。天候の良い日に早朝から始めてBCをしてみれたらいいなともくろんでおりまして、帰ってきた後に時間があればスキー場のパークで遊ぶという事が出来たら有意義な一日になりそうです。そんな遊び方ができたらいいなと思い、冬の下見を兼ねて湯の丸山の登山を決行いたしました。
今回は登山自体も楽しみでした。というのも前回の入笠山の山頂で食べたカップヌードルが忘れられなかったのです。山カップヌードル最強ですわ。これをあえてフォークで食べるのが田中の幸せ。
それからもう一つの目的はGPSの運用ですね。GARMINという会社のetrex10というGPSを買ってみました。¥13,000ぐらいの一番安い奴です。それの実際の実地テストという部分も兼ねてみます。GPSに関してはまだまだ慣れていないので慣れてきたらエントリにしてみますね。

そんなこんなで湯の丸の登山に行ってきました。
渋滞がひどかったですわ。シルバーウィークはゴールデンウィーク並みでございましたね。6:30に都内を出発してついたのが13:30でした。おかげで、下山したころにはすっかり夕暮れとなりました。
湯の丸スキー場には何度も行ったことはございますが、ここの道中の峠道はキツいので降雪時はスタックするだろうなぁと毎回思います。だいたい、初滑りか春のパーク目当てでお邪魔するのでいまだに痛い目にはあったことはない田中ですが、BCを狙うならトップシーズンになってしまいますよね。どうなんでしょうか。
話を登山に戻すと、本日はリフトが動いていないので地蔵峠リフトの下からスキー場のコースを歩いていくこととなりました。リフト乗り場のあたりからコース上を歩いてリフトトップを目指すのですが、牛が放牧さているのでコースのいたるところにウ●コが落ちています。数日前の乾燥タイプのものから、産地直送の新鮮タイプまで。ゴロゴロ落ちています。まるで地雷原を歩く歩兵の気分です。たまに、地雷の上に踏んづけた足跡があるのですが、登山客のものでないことを祈るばかりです。こんな想像もしていなかったトラップを避けながらスキー場のコースを登り、10分ほどでリフトトップに到着です。
そこから本格的な山道を歩いて本格的な登山のスタートとなります。山道を少し進んでみるとちょこっとした屋根のあるポイントに到着します。
BCの場合では小屋周辺が一つのポイントのようですので、GPSで地点登録しておく事にしました。

湯の丸山山道

リフトトップからはこんな感じです。少し歩くと小屋があり、その先に湯の丸山登山道の入り口につきます。

登山道からは1時間10分ぐらいで山頂に到着ですね。サクッと登頂です。
湯の丸山登山道に入ればあとは一本道で山頂に向かいます。
山頂までのルートは 地蔵峠リフト乗り場→(トラップの斜面を10分)→リフトトップ→(小屋を過ぎて登山道まで10分)→湯の丸山登山道入口→(山道を1時間10分)→山頂という感じですかね。
山頂北側のお隣にもう一つ標高2099Mのピークがありますのでそちらにも行ってみるといいかもしれません。稜線づたいに歩くと山頂から10分もあれば到着できます。こちらの方が眺めがきれいでしたよ。また、下見をした感じではそちらのお山からの滑走の方がよさげな感じがしました。
登山としては結構ライトなお山ですね。正直、私みたいな万年平社員タイプの男はこれぐらいのお山の登山で大満足なんですよね。登りに3時間とかかかる山なら、降るのにも2時間半とかかかるわけですよ。そんなのやだよーと素直に思います。
山頂では楽しみにしていたカップヌードルを食べました。正直、最高。寒い冬に食べたらもっとおいしいのでしょうか。日清さんのカップヌードルのレギュラーが登山には一番合う気がします。
山頂は景色がひらけておりますので、冬に来た場合の滑り込むラインを地形図を見ながら想像してみます。コースガイドによると、登って来たルートではない方向に滑り込んでいくようです。滑り込んだ後に程よい処で止まってから先ほどの小屋のあたりのポイントまで登って行くという△のルートを描いていく行程になるようです。
実際に山頂からそのルートを想像してみて、自分一人でも出来そうなものかを考えてみました。(天気さえよければ行けるんじゃね?と思いましたが、このブログはその辺のことには責任持てませんので明言いたしません。)
トータルで出発から帰ってくるまでに3時間ちょこっとのトレッキングでございました。

感想などなど。
 湯の丸山では夏のお山の定番の登山が好きそうな老夫婦を何組か見かけたのですが、びっくりしたのは意外と女性一人で登ってらっしゃる方も多かったという事です。いやー。こんなにも山ガールって浸透しているんですね。前回の入笠山でも何人か女性一人で登ってらっしゃる方を見かけましたが湯の丸山はもっと多くいらっしゃいました。景色も良いし付近には温泉もあるしで、女性一人で来るレジャーとしての湯の丸山登山はありなのかもしれませんね。けど、山ガールの皆様も一人であの地雷原をあるいたのかと考えるとちょっと複雑な気分になります。
帰りは一度群馬県側に進み、鹿沢温泉を目指しました。車で峠道を10分ぐらいですね。旧鹿沢温泉の紅葉館さんという旅館の日帰り入浴に行きたかったのですが、紅葉館さんは16:00までだったようで間に合いませんでした。しょうがなくフラフラしていたら「DQNスノーボーダー養成講座」さんに出ていた鹿鳴館さんを発見しました。お邪魔したところその日はシルバーウィークで混んでいるので日帰り入浴は15:00で打ち切ったとのこと。ざんねんでしたわ。紅葉館さんは冬までのお楽しみですな。

2回目の登山となったわけですが。

今回は入笠山に続いての2回目の登山となりました。前回の真夏と違って9月中旬の山は少し涼しく、衣類のチョイスが難しかったです。この点はとても勉強になりました。汗を吸った衣服のまま山頂でカップヌードル食べていたのですが、めっちゃ寒かったです。原因は風です。山頂では風が体にダイレクトで当たりますからね。風が濡れた衣服に当たると寒い寒い。あっという間に体が冷えたのにはびっくりしました。レイヤリングについてはかなり考えた方がよさそうという事を身をもって知りました。

冬のスノーボードでもそうですが、「山頂は標高が高くて寒そうだから厚着して行こう」は逆に寒くなるという事が夏の登山にも当てはまりますね。そういう点だけでもわかったのですが幅広い意味で、バックカントリーの世界は経験値が大きく物をいう世界のようです。いうなればドラクエの世界なのでしょうか。装備もそれなりにいるしね。
ここでいう経験値というのは、何も考えず人についていっただけでは得られるものではなさそうな気がします。自分で考えて計画や装備を準備していって、その結果どうだったのかを考えてみるという作業を繰り返すことによって得られるようなものである気がします。田中も登山やツアー参加などをすこしづつやっていきながら、経験値を高めていく必要がありそうです。

いやーしかし、やっぱり山頂で食べるカップラーメンはホントにうまかった!次もまた持っていこっと。

湯の丸山からの景色
山頂からは遠くに湯の丸スキー場のメインゲレンデが見えます。スキー場手前に見える小山が地蔵峠のリフトトップとなります。

それでは皆様、思い思いのオフシーズンをお過ごしください。またねー!田中でございました。

2016年3月14日追記。実際に冬にも行ってみました。
 この登山が下準備となり気候もちょうどいい時に当たったので実際にBCで入ることができました。楽しかったです!湯の丸山の近くには秘湯の旧鹿沢温泉紅葉館といういい温泉やアトリエドフロマージュというおいしいチーズ屋さんもありますのでよかったら立ち寄ってみてくださいね!

関連リンク:
DQNスノボーダー養成講座

14/15シーズン23日目 パルコール嬬恋スキーリゾート

人気ブログランキング

更新履歴:
2016/3/14 2015-16シーズンに実際にBC入りました!リンクと文章を少し修正しました。No,130

関連記事

  1. 旅日記

    安達太良山に登山をしてきました!

    どうも、雪バカ田中でございます!6月でございます!梅雨でございますね。…

  2. 旅日記

    群馬県片品村。夏の前武尊トレッキングの日帰りの旅に出ました。

    どうもどうも!疾風ロンドのDVDが6月28日に発売と聞いてワクワクさん…

  3. 旅日記

    群馬のたんばらで滑った後に、キャンプ場「星の降る森」をキャンプ地とする!旅

    みなさまおつかれさまでございまーす!田中です。先日、オフる宣言…

  4. 旅日記

    1泊2日で春のスノーボード旅!天神平&奥只見丸山に行きました。

    こんにちは!田中です。皆様は春のボードを楽しんでますか?田中は先週春ボ…

  5. 旅日記

    長野県菅平高原の根子岳登山に行ってきました!

    こんにちは。田中でございます。なんだか秋感がない10月の下旬で…

  6. 旅日記

    1泊2日のヒトリスト車中泊スノーボード旅行の旅日記。

    こんにちは田中でございます。ここ2週間はブログにエントリしまくっており…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP