小ネタ集

ふるさと納税、今年はどうします!?というお話。他、小ネタ集その24。

どうも!田中でございます!早いもので、もう8月でございます。ある読者さんから「早割発売まであと数か月ですね!」なんていうお言葉をいただきました。いろいろな考え方をする方がいらっしゃいます。

今回は恒例の小ネタ集でございます。ブログを書いていてうまくオチがつけられなかったり、ボリュームが出なかったものを小ネタとして集めてみました。最後にブログや田中の近況もお伝えいたします。

ふるさと納税、今年はどうします!?というお話。

ふるさと納税。今年はどうしましょう?という件です。ふるさと納税を使って、少しお得にシーズンを過ごすというのは何度も雪バカ日誌で扱っています。2017年の3月ごろに総務省から「返礼率は30%が基本な!現金化しやすいものはダメだよ」というお達しが全国の自治体に通知され、2017年6月以降は返礼率が下がっている傾向にあります。スキー場のある地方自治体も以前はリフト券や宿泊券など、40%以上の返礼品を出していましたが、現在はそんな自治体を探すのも難しい状況です。

田中もそんな状況下でオフシーズンに毎月1万円づつのふるさと納税を検討しています。ターゲットにしているのは、新潟県湯沢町、群馬県みなかみ町の地域商品券です。こちらは、該当自治体のスキー場や宿で使える使える商品券です。「寄付金額に応じて、商品券を発行します。転売は禁止です。内容は昨年と同じです。詳しくはお問い合わせ下さい」というぼやけた表記がされています。大人は察してあげましょう(笑)。

野沢温泉の宿泊券なんかも似たような表記になっていますね。そのほか、ニセコの倶知安町は¥10,000で1枚を出しています。行かれる予定がある方にはいいかもしれませんね。還元率が(一部)下がったといえども、得をする制度には間違いがないのでシーズンに向けての貯金感覚でやってみてはいかがでしょか。

コミュニティは破綻するという、とりとめのないボヤキ。

これは別にスノーボードに限ったことではないんですけどね。大学のサークル仲間や、高校の部活仲間、職場の同期など人間関係のコミュニティには寿命があるという事を最近学びました。もちろん、離れ離れで絶縁状態になるわけではありませんけどね。ただ、みんな人生の階段を登っていくうちに必ずコミュニティは崩壊するものなのです。永遠に昔のように同じ仲間でバカをやれるものではないのです。

悲しいようですが、どんなコミュニティも永遠ではないのです。永遠だと思えていた仲良しグループもいつかはなくなってしまうのが現実でございます。田中は20代前半のころ「なんでオレのお父さんお母さんは、友達と飲みに行かないんだろ。金曜日ヒマそうじゃん」と思っていましたが、34歳になるとそれがなんとなくわかってきました。

スノーボードグループもいつも車を出してくれる人が転勤になったり、マドンナ的女子が結婚して参加しなくなったり、幹事さんに子供ができて音頭を取ってくれる人がいなくなったり。などなど理由はありますが、ある日突然に自然消滅状態になってしまうのは必然なのだと思います。

と、ここまで書いてみたものの、この先は「だから今を大事に」という青臭い言葉しか書けなくなってしまったので、小ネタという事にいたします。なんか、夏に聞く日本語レゲエの歌詞みたいですね。本当は「だからコミュニティに依存してると、スノーボードライフは長続きしませんよ」という話を展開したかったのですが、そんなウェットな話はなんだかオチもつまらなくなりそうなのでまた今度にしておきます。

6月,7月の雪バカ日誌

6月は35,100PVでございました。引き続き、昨年同月からは115%でございました。サラリーマンライフもこうありたいもんです。しかし、最近の雪バカ日誌は次の一手みたいなものが見つかっておらず、攻めあぐねているというのが現状です。記事が100記事ぐらいのころは、1記事書くだけでも1%のコンテンツ量が増加したわけですが、約300記事の現在は、0.3%しかコンテンツ量が増えないわけです。ここまでくると、もはや爆発的な伸びは期待できないだろうと思っています。何かしきゃという焦りと、そもそもそんな必要ある?という葛藤があるのが本音です。

6月の雪バカの田中は自動車税が重くのしかかり、引き続き通帳残高とにらめっこしていた日々でした。にもかかわらずワックス買ったりヘルメット買ったりと、ボードに関するお買い物もチョイチョイやっておりましたね。そして、7月は31,800pvでした。7月も前年10%乗せ。なんとかミニマムで3万のラインを超えられたなという印象です。例年6,7月とPVは底を付き、8月から上昇になり始めるので8月から新シーズンへという雰囲気になります。

雪バカ日誌はネタに困っているのが本音ですが、何とか6日に一度の更新ペースを維持しています。7月はスノーラボも書く月でした。そんなところ、北海道出張で立ち寄った千歳空港温泉があまりにもよかったので、スノーラボのネタとしました。ネタ切れの中で雪バカ日誌もスノーラボも、気持ちを込めて頑張って書いているつもりなので、その思いが少しだけでも伝わったらいいなぁと思っています。

また、最近はtwitterもフォロワーさんが徐々に増え始めていまして、いいね!を押してくれたり、リツイートしてくださる方が少しづつ増えてきました。本当にありがとうございます。@yukibakatanakaで更新情報をメインに発信しています。

そういえば、yukibaka.com 一周年。

忘れていたのですがyukibaka.comというURLになってから2017年6月で1周年となりました。もともと、ライブドアブログの「yukibaka.blog.jp」というアドレスを使ってしていて、そこからyukibaka.comというアドレスを買って運営をはじめ、2016年10月の中旬ぐらいからは新URLに加えてライブドアブログから卒業しワードプレスをつかってブログを作っています。そう考えると、ここ1年はブログ的にはいろいろあったなぁなんて思います。先日まではライブドアのほうの旧ブログも残していたのですが、ついに削除をしました。

雪バカ日誌が始まって3年半、yukibaka.comというドメインを取得して1年。作った記事はもうすぐ300記事。いつも思いは変わりません。それは「こんな下手の横好きサラリーマンのブログを読んでくれてありがたい」という思いです。だって、雪バカ田中は大してスノボもうまくないし、プロでもイントラでもなければ業界人ですらないのですよ。しかも、どちらかといえばちょっとダサい側の人間だし。大金や時間をかけて、旅に出ているわけでもなく皆さんと同じように関越道乗ってスノーボードをフツーに楽しんでいるだけのブログです。

そんなどこにでもいるフツーの34歳のおじさんのスノーボードブログを読んでくださる皆様には感謝しかありません。読んでくださっている方への感謝は常に忘れずにおります。そして、これからもその思いは忘れないようにしたいですね。なぜこんなことを改めて書くかといえば、田中はブログでしかそれをお伝えすることができないからです。

とくにオフでも読んでくださる方にはなおさらお伝えしたいですね。いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。そんな雪バカの8月初旬の小ネタ集でございました。

関連エントリ:

NO,292

関連記事

  1. 小ネタ集

    FREERUN、定期購読しちゃいました。他小ネタ集その17。

    どうも!山の上でもただの人!雪バカ田中でございます!東京も梅雨が明…

  2. 小ネタ集

    田中、雑誌に飢える。他、小ネタ集その22.

    こんにちは!田中でございます。先週はお花見をしました田中です。と、いっ…

  3. 小ネタ集

    田中のひとりごと。(小ネタ集その1)

    こんにちは田中です。2014年も3/4が終わりましたね。あっという間で…

  4. 小ネタ集

    2015 BURTON A/W family saleに行ってきたよ!他 小ネタ集11

    こんにちは田中です。あっという間に11月ですねぇ。今回はエントリにする…

  5. 小ネタ集

    雪バカ日誌が一周年を迎えました。など(小ネタ集4)

    こんばんわ田中です!雪バカ日誌が1周年を迎えました!いやはや、ありがた…

  6. 小ネタ集

    2016BURTON S/S familySaleに行ってきたよ!他 小ネタ集その20.

    こんにちは田中でございます!12月になり、寒くなってまいりまし…

コメント

    • にんぐる
    • 2017年 8月 05日

    夏ですねこんにちは〜
    お腰さま大丈夫ですか?お大事に。

    いつもよくネタがあるなぁと感心しております。
    確かにコミュニティは崩壊しますね〜
    私は人見知りなのでどこにも属してません。

    田中さんどこがダサい側なんですか‼︎イケメンの好青年じゃないですか‼︎逆詐欺だ( ̄∇ ̄)

      • yukibakatanaka
      • 2017年 8月 05日

      >にんぐる様
      コメントありがとうございます。ネタは本当に難しいですね。
      田中イケメンでもないですし、ダサい側の人間です。特に感性がダサいですねぇ。まぁそこがこのブログの共感を生む理由なんですけどね(笑)

    • オリーブ
    • 2017年 8月 07日

    初めまして。オリーブと申します。いつも楽しく拝見しています。
    私も雪バカさんと同年代で、コミュニティのお話は全くおっしゃる通りです。そんな私ですが、先日白馬さのさかのウォータージャンプへ行ってきました。
    https://snow.gnavi.co.jp/green/g0074.htm

    その時は、引くほど上手いスキーヤー(キッズ含む)が多かったですが、忍の一文字で耐えました。少し前から話題のスラックラインもやり放題ですので、オフシーズンの過ごし方の1つとしてはいいかもしれないです!
    ただし、着水の際の衝撃が結構ありますので、腰を万全にしてからの方がよろしいかと思います!

      • yukibakatanaka
      • 2017年 8月 07日

      >オリーブ様
      コメントありがとうございます。初めましてです。
      オフまで見てくださってありがとうございます。オフトレ施設にいる死ぬほどうまい人たち問題ありますよね!田中もスノーヴァで最下層民として活動しています。さのさかにウォータージャンプあったんですね!初めて知りましたよー。

    • エス氏
    • 2017年 8月 08日

    コミュニティの件はその通りだと思います。
    私はときどきひとりで滑りに行ったりしていますが、コミュニティなしの自分ひとりでも楽しめるということを確認する意味もあったりしますね。
    PVは前年比で伸びているようでうらやましいですな。こちらは衰退の一途をたどっております。

      • yukibakatanaka
      • 2017年 8月 08日

      >エス氏様
      コメントありがとうございます!PVは、もともとの数が違いすぎますよ(笑)衰退の一途なわけないでしょう。
      今回の記事のコメントはみなさんコミュニティのことについておっしゃっています。面白いですね!今度記事にしてみようかと思います。

    • amukatamukat
    • 2017年 8月 08日

    コミュニティは仕方ないですね~。僕はヒトリストなのであまり感じていませんがw
    周りの大人数で行ってた人達ももう滑りに行ってないようで、そこは少し寂しいです。
    雪バカのブログはスノボ以外のことも多いのでネタに困らないと思ってたのですが、そうではないんですねw
    だけど、これからも楽しみにしてますww

      • yukibakatanaka
      • 2017年 8月 08日

      >amukatamukat様
      コメントありがとうございます!オフでも見てくださってありがたいです。
      コミュニティ問題、色々ありますよね。私のスノボ仲間の先輩も先日一人引退宣言をされた方がいらっしゃります。

      雪バカのブログは、一人編集長兼ライターなので、次どんなの書いてみる?と一人脳内会議をするぐらいネタ不足です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP