メディア

BURTON RAIL DAYS 2014 観戦ガイド!

どうも、田中です。気づけばFREERUNの10月号が発売になってましたね。
今月号は結構読み応えのある内容で、面白かったのでお勧めです!付録のDVDはかなりいい!CAPITAかっこいい!

【注意!こちらは2014年向けのものです。2015年のレイルデイズはかなり様相が変わっており、観覧エリアが大幅に制限されてしまいました。残念ですが、スノーボードシーズンのキックオフイベントとして気楽に参加できるようなものではなくなりました。こちらのエントリもあまり参考にならないと思います。公式の最新情報をご確認ください。】

BURTON RAIL DAYSが面白い!

2014BurtonRailDays

さてさて、今年も11月15日にバートンレイルデイズの開催が発表となりましたね!。
田中は2013年のバートンレイルデイズを観戦しまして、すごく楽しかったので今年も参加行こうかと思っております。昨年の参加した経験から、本年の観戦を考えている方に観戦ガイドをお伝えしたいと思います。
※ 2014年の内容をベースに記述しております。本年の内容にはそぐわない可能性がありますので参考程度に読んでいただければ幸いです。

何が面白いのよ?バートンレイルデイズ。

バートンレイルデイズは六本木ヒルズで開催されるスノーボードイベントです。大会種目はは、ジブと呼ばれるレールや壁を使ったスノーボードの競技となります。競技自体はこんな感じ

めっちゃかっこいいトップライダーの滑りがすごく近くで見ることができます。
着地の音やアイテムとボードがぶつかる音まで聞こえてくるのでかなり臨場感があります。この点ではスキー場で開催される大会よりも臨場感があって興奮します。また、テレビ用ではなくイベントベースで構成されているのでテンポがすごくよいので、しらけることなく楽しめます。昨年も本年同様に川場スキー場がスポンサードしていたということもあり、屋台に群馬の地ビールが出ていました。
お酒を飲みながら間近でトップライダーが見れるということもあって、これからシーズンを迎えるスノーボーダーたちにはとってもおすすめのイベントです。昨年のオープニングアクトのDJKenntaroさんもかっこよく、会場は大いに盛り上がりましたのでスノーボーダー以外の人でも楽しむことができます。屋台で川場スキー場のステッカーも配ってましたのでお土産に持ってかえりました。

で、2015年の開催概要!

公式Webより http://www.burtonraildays.com/

BURTON RAIL DAYS presented by MINI
日程 2014/11/15 (土)
11:00~17:00 KIDS RIGLET PARK
11:00~19:30 スポンサーテント
17:00~  競技開始
場所 六本木ヒルズアリーナ

観戦料金は今年も無料と考えて大丈夫でしょう。六本木ヒルズアリーナは、六本木ヒルズの目立ちやすい処にありますので
六本木ヒルズにつけば問題なく行くことができます。17:00までは、展示会のような雰囲気でワイワイした感じです。17:00~からは競技開始と書いてありますが、オープニングセレモニーとオープニングアクトがあってから競技が始まります。観戦位置にこだわりがなくて、単純に競技を見に行きたい人は16:40ぐらいに到着すれば競技を見ることができると思います。ごった返した群衆で立ち見にはなりますが、盛り上がりと独特の雰囲気を味わうだけでもスノーボード好きにはすごくいいイベントです。

バートンレイルデイズ2014 観戦ガイド

・ どの辺で見るのがおすすめ?

→2014年のステージがどうかわからないのですが、昨年のことを書きたいと思います。
会場は概していえばL字になっていて(大きく見渡せるスポンサー席を除けば)ステージ前エリアと、選手が着地して降りてくる辺りのランディングエリアに分かれていました。
田中はステージ前エリアにいたのですがビジョンがありましたので、ビジョン越しでも競技を見ることができました。砂かぶりではなく、雪かぶりともいえる、ランディングエリアは選手がすごく間近に見れそうです。ラストランが終わった選手がゴーグルなどのギアを観客席に投げてくれるのでランディングエリアのは大盛り上がりでした。ステージ前エリアはオープニングアクトと表彰式が間近に見ることができました。結論としては、どちらに陣取っても問題なく楽しめます。ライブのような立ち見になりますので、無理せず歩きやすい靴で行ったほうがいいです。

・ どんな服装で行けばいい?

→ どんな服装でもOKです。ただ、秋の夜で立って見ることになりますので多少の防寒は必要です。田中はダウンベストで行きましたがちょうどよかったです。ごったがえした場所での立ち見になりますので、両手が空くように荷物は最小限がいいと思います。また、防犯を考えるならば口の空いたトートバッグとは避けたほうが無難です。また、来場者はスノーボードファンやら、六本木ヒルズでデートしてるカップルやらたまたま居わせた人やらで、スノーボード関係者以外にも色々な方が見てますのでスノーボードファッションで行かないと浮くなんて事もありません。一昨年前は雨でした。当日に雨が降りそうだったらレインコートがあるといいですね。

・ 注意点はなんかある?

→ 秋の夜空にビールを片手にワイワイ観戦なんてスタイルで行くのであれば、トイレが問題になります。当日のヒルズアリーナは混雑している上に、トイレも少し遠くのわかりにくいところにありますのでトイレはイベント前に行っておいたほうがいいと思います。
また、ビール飲んで騒ぎたいよ!って方はビールを何本か事前調達するといいと思います。意外とビールを買いに行くのがめんどくさいです。

・ 参加選手,トリックがよくわからないんだけど。。。

→ わからなくて全然OKです。スゴイ!と思ったら声を上げたり、拍手をすれば楽しめます。各個人選手について詳細が分からなくてもOKです。みんなカッコいいですから。もし、事前に選手のことが知りたいと思うなら、youtubeで選手名を検索すればカッコいい動画がワサワサ出てきます。当日のウェアの着こなし方とかで応援する選手を決めてもいいですし、日本人ライダーを応援するのもいいと思います。事前知識などなくても十分に楽しめます。

ではでは、今年も楽しいシーズンの幕開けになることを祈っております!

追記(2014/10/7)
出場ライダーが決まりましたね!ジェレミージョーンズが出るということです!
楽しみですね。

人気ブログランキング

更新履歴:
2015/11/16 2015年は非常に残念だったBurtonraildays。このエントリは参考にならなそうなので注意書きを更新しました。
2016/10/7 ブログリニューアルのため改行を修正しました。2015があまりにもビミョーだったので今年はどうなんでしょうかねぇ。

no,32

関連記事

  1. メディア

    スノーボードDVD「カー団地9“DRIVES”」の試写会に行ってきたよー!

    こんにちは田中です。雪バカ日誌のエントリも130近くなってまいりました…

  2. メディア

    山と渓谷社「バックカントリースキー&スノーボード」を読んでみたよ。

    こんにちは。田中です。夏でございますね!その昔は、田中もSNOVAやk…

  3. メディア

    外国人向けガイドブック「SnowSearchJapan」が面白い!!

    どうも田中でございます!グローバルな時代を生き抜く皆様、いかがお過ごし…

  4. メディア

    北海道のスノーボード雑誌「king garage magazine」読んでみた!

    どうも田中です!オフです!オフでございます。皆様いかがお過ごしでしょう…

  5. メディア

    東野圭吾「恋のゴンドラ」と「雪煙チェイス」が発売だとオレの中で騒ぎに

    こんにちは!田中です。先日雑誌「snow boarder」の201…

  6. メディア

    今さら東野圭吾「ちゃれんじ?」が実に面白い件

    どうも、田中でございます。先日は狭山でソロ活動をしてまいりました。いや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP